映画【新選組血風録 近藤勇】感想

Amazonプライム

●こんなお話

 池田屋事件から天満屋騒動あたりまでを近藤勇と篠原泰之進メインで描く話。 

●感想

 真面目に有名なエピソードを散りばめられているので飽きずに90分見ることができる時代劇でした。篠原泰之進が切腹しようとしたところに女性が止めに入ってそこからことが始まっちゃうという流れとかも面白かったです。 

 30歳くらいだったはずの近藤勇役を剣劇スターの市川右太衛門さんが演じていてその時点でちょっと笑ってしまいそうになりました。近藤勇が義を重んじる描かれ方をしていて、義を通そうとするんだけれど。副長の冷たい土方歳三の命令とかで自分の知らないところで人が死んだりして全部が後手に回ってしまって、全くカリスマ性がなかったのが面白かったです。ただやっぱり剣劇スターで殺陣のシーンは迫力があって凄かったです。クライマックスの油小路の決闘とか天満屋とか。 

 厳しい規律や戒律に討幕派との戦いに内ゲバなど一体何やってるんだろうと新撰組について考える1本でした。 

☆☆☆

鑑賞日: 2018/01/28  Amazonプライム・ビデオ

監督小沢茂弘 
脚色笠原和夫 
加藤泰 
原作司馬遼太郎 
出演市川右太衛門 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました