映画【かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発】感想

kazokuiroU-NEXT
スポンサーリンク

●こんなお話

 夫を亡くして連れ子と共に義理の祖父に会いにいってローカル線の運転士になる話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 ローカル線が画面に映るだけで満足できる地方振興的な面白さがあるシリーズの特徴が継承されていて、そこに血の繋がらない家族が一緒に生活して支えあっていくドラマとして楽しめました。主人公が運転士を目指して勉強してテストを受けてというのが運転士さんの動きが見られるのも楽しいです。

 ただ最初に息子の死を知らない父という理由が留守電を聞いていないというだけというのが納得できなかったです。そこまで音信不通になるほど不仲だったのかと思いますが、そういうわけでもなさそうでした。子ども同士の喧嘩があってトラブルが発生しますが、喧嘩してけがをさせてしまった相手の親御さんがいかにも悪い母親というステレオタイプの描かれ方もげんなりしますし、半成人式なるところで息子が父親に対してスピーチしますが、なぜ学校側は転校生の家庭環境を全く知らないのだろうかと疑問がわいてくる話の流れでした。それに不倫して妊娠してしまう教師のエピソードとかいるのか? とメインの展開とは関係ない話が無駄に感じます。

 息子さんの両親がともに病死というのも壮絶な人生を歩んでいて凄いです。そしてバッティングセンターで打ってる人のすぐ後ろで待つのは危ないのではないかと気になる映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2021/04/02 U-NEXT

監督吉田康弘 
脚本吉田康弘 
出演有村架純 
國村隼 
桜庭ななみ 
歸山竜成 
木下ほうか 
筒井真理子 
板尾創路 
青木崇高 
タイトルとURLをコピーしました