映画【仮面病棟】感想

kamen-byoto WOWOW

●こんなお話

 初勤務の当直で強盗犯がやってきて、病院の問題とかあぶりだされる話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 主人公が先輩に連れられてやってきて初めましての病院で当直ができるという日本の医療現場の勤務体系に驚きつつ、最初に主人公がバイトすることになる病院を主人公と一緒に見て回って説明があって。問題が絶対ないと言われて、けれども当然トラブルが発生してからのタイトル。という見せ方は面白かったです。強盗犯のピエロのマスクが不気味で歪んだ口というデザインが良かったです。

 あとは強盗犯におびえつつ、何やら舞台となる病院には秘密があるらしいと探りを入れていく。強盗犯との戦いと病院の秘密という2つのサスペンスが同時進行がある設定が珍しく興味深く見ることが見れました。

 ただ真相が明らかになるにつれ、真犯人の行動とかが正直無茶苦茶に感じて秘密が明らかになるびっくり驚きというものがあまり感じられないのが残念でした。バンバン拳銃で射殺していく犯人とか拳銃を扱うということに対して何の戸惑いもないものなのだろうかと考えてしまいました。

 それに病院の秘密もよくある上級国民の陰謀論的な展開も驚きや面白さをあまり感じられず、それよりも高嶋政伸さんのいつも通りの怪演とかを楽しんでみることに集中するほかなかったです。

☆☆

鑑賞日:2021/05/19 WOWOW

監督木村ひさし 
脚本知念実希人 
木村ひさし 
脚本協力小山正太 
江良至 
原作知念実希人
出演坂口健太郎 
永野芽郁 
内田理央 
江口のりこ 
大谷亮平 
高嶋政伸 
朝倉あき 
丸山智己 
笠松将 
永井大 
佐野岳 
藤本泉 
小野武彦 
鈴木浩介 
タイトルとURLをコピーしました