映画【隠し剣 鬼の爪】感想(ネタバレ)

Kakushi ken oni no tsume
スポンサーリンク

●こんなお話

 下級武士と方向娘の恋とか藩の偉い人たちが酷いことしてくる話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 江戸へ行く友人を見送る主人公。家では妹が親友の嫁入りが決まっていて仲良い家族団らん。そこに女中もいて彼女もいてみんなハッピーな序盤。その女中が嫁入りしちゃう。街で見かけた女中さんはげっそりしていて心配する主人公。

 嫁に行った家に乗り込んで女中を救い出して無理やり離縁させる主人公。元気になるまで自分の元へ置いておく。そんな状態が噂話になって、心配した親友で義理の弟がお嫁さん候補の話をしたりして女中との噂がみっともない空気。元気になった女中と海岸デートして実家へ戻す。「ご主人様のご命令ですか? 命令なら仕方ありえんしね」と納得する女中。

 そして江戸へ行っていた親友が謀反の疑いで「郷入り」という切腹させられずに座敷牢に隠されてしまう。主人公も親友だという事で家老とか偉い人たちに疑いをかけられたり、仲間の名前を告げ口するように言われたりするけど「侍は友達の名前を言わない」と拒否。「たかが平侍の分際で偉そうに」と新聞社社長的な発言をする家老。

 師匠の元で親友に勝つためにトレーニングして親友のもとへ行き、切腹しろというけど、当然断られて果し合いに。師匠から習った目線外しで斬りつけ、さらに周囲に隠れていた新式銃に撃たれて倒れる親友。親友の奥さんは家老に助命嘆願してたけど、家老が身体だけもてあそんでいたことが判明する。主人公、刀の鍔から小さい刀を取り出して何やら反復練習。家老と廊下ですれ違いざま…。隠し剣鬼の爪どーん。

 貧乏だけど一生懸命仕事をして家族とご飯を食べる。というつつましい生活をしている登場人物たちがいとおしくなる映画でした。その中で、西洋の技術が入ってきて戸惑う侍たちをコミカルに描いていて笑えるものになっていたと思います。

 友人が謀反の疑いがかかって、主人公にも疑いがかかってその疑惑を晴らすため無理やりに近い形の命令で友人を斬るという藩命。武家社会の理不尽さを受け入れなくてはいけない苦しさ。そして更に怒りがわきあがるような家老の行い。そこで出てくる隠し剣鬼の爪。めっちゃかっこよかったです。

 ただ構成として前半は女中きえとの交流。その後に友人の謀反と友人の謀反は向こうからやってくるまで動かなかったりと2つのエピソードが有機的なものでなくちぐはぐな印象を持ってしまう部分もありました。そして侍と女中の身分違いというのが映画を見ていてよくわからず、最初から2人は相思相愛で付き合っちゃえばいいのにと思うけど、それが叶わない身分違いという障害が伝わってこなかったです。当時の風習や常識みたいなのを伝えてほしかったです。

 とはいえ、冨田勲さんの音楽が流れる中、主人公が告白するラストはすがすがしい気持ちになる映画で素晴らしかったです。

☆☆☆☆

鑑賞日:2012/11/08 DVD 2022/03/18 Amazonプライム・ビデオ

監督山田洋次 
脚色山田洋次 
朝間義隆 
原作藤沢周平 
出演永瀬正敏 
松たか子 
吉岡秀隆 
小澤征悦 
田畑智子 
高島礼子 
緒形拳 
小林稔侍 
倍賞千恵子 
田中邦衛 
田中泯 
綾田俊樹 
タイトルとURLをコピーしました