映画【七つの会議】感想

☆☆☆

●こんなお話

 企業戦士たちの会社でサバイバルする話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 登場人物全員が熱演怪演で歌舞伎役者さんや伝統芸能の役者さんとかの時代劇のようなセリフまわしに顔芸のオンパレードがつるべうちされて楽しかったです。何も知らない課長さんを狂言回しにダメダメ社員に関わるとみんな飛ばされて一体何が起こっているのかを探っていくのをいろんな人たちのナレーションとともにしだいに明らかにされていく構成もスピード感あって退屈することなく見ることができました。 

 ただダメダメ社員の謎が広がっていくところは面白く見れましたが、しだいに真相が明らかになっていく風呂敷を畳む段階になってくると、ただの説明の回想とかが多くなってきて結構失速してしまう印象だったのが残念でした。こんだけ時間をかけて普通にマスコミにリークしてれば、もっと早く解決できたのではないかな? とか思っちゃいました。それに、タイトルにもなっている七つの会議というのもあんまり七つの会議感はなかったですが、単純明快な日本的な企業サスペンスとして楽しい映画でした。 

☆☆☆

鑑賞日: 2019/02/11 シネマサンシャイン平和島

監督福澤克雄 
脚本丑尾健太郎 
李正美 
原作池井戸潤
出演野村萬斎 
香川照之 
及川光博 
片岡愛之助 
音尾琢真 
藤森慎吾 
朝倉あき 
岡田浩暉 
吉田羊 
土屋太鳳 
小泉孝太郎 
溝端淳平 
春風亭昇太 
立川談春 
勝村政信 
世良公則 
鹿賀丈史 
橋爪功 
北大路欣也 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました