映画【ジャスティス・リーグ】感想

SF

●こんなお話

 太古の昔から侵略してきた悪魔みたいなのが復活してヒーローたちが喧嘩しながら立ち向かう話。 

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 今までのDC作品のシリーズでは明るく見やすい勧善懲悪ものになっていたと思います。新キャラの3人もしっかりと立っていて魅力的に描けていたのはよかったです。 

 冒頭でワンダーウーマンが弾丸をはじいたりよけたりするアクションも面白くてツカミはバッチリでした。ただ個人的にはここがこの映画のピークであとはどんどんと盛り下がるだけでした。 

 なんか世界征服を狙うやつがいるぞとなりバットマンがチーム作りに奔走しますが、フラッシュは友達が欲しいという理由で、最初に断られたアクアマンは一族が守っていた箱を奪われたから参加。サイボーグはお父さんが誘拐されたから参加。とバットマンの統率力で集まるわけではないので、ただの烏合の衆にしか見えず、友情とか熱い要素は皆無なのが痛かったです。むしろワンダーウーマンがみんなを指揮して戦っていて、バットマンの必要性がまるで感じられなかったです。クライマックスでもカタキ役と戦うのはワンダーウーマンとアクアマンでフラッシュは人命救助をしてサイボーグは箱を何やらいじっていて、バットマンは下っ端をやっつけるだけの援護射撃で人命救助も敵をやっつける能力すらないのが悲しかったです。 

 人命救助というのも1家族をフラッシュが助けるくらいで、クライマックスの舞台も一体何人人がいるのかわからず、スケール感が感じられないのが痛かったです。フラッシュの能力も何年も前に後悔されている【Xメン】でも似たようなキャラクターがいたりして新鮮さはなく既視感いっぱいのアクションで面白さがなかったです。 

 カタキ役も最初はめっちゃ強く登場した割にはヒーローたちには苦戦したりして、強いんだか弱いんだかわからず魅力に欠けるヴィランでした。そもそも物語のキーとなる3つの箱というのも一体何だかわからず、昔に奪い合いをしてたみたいですがDC作品の地球は【ロード・オブ・ザ・リング】みたいな世界なのかなと原作を知らない身からすると戸惑う世界観でした。スーパーマンの強さが突出していて、映画内のバランスを崩していて彼が暴れれば全部解決というので、ステッペンウルフも一気に弱くなっていくのが残念です。 

  結果、ちょいつまんない【アベンジャーズ】な仕上がりになっていたと思える作品でした。そしてスーパーマンが日本に落ちていたら火葬されてしまって、地球は征服されてたんだなと土葬の重要性がわかる作品でした。 

☆☆☆

鑑賞日: 2017/11/24 TOHOシネマズ川崎 2020/10/18 DVD

監督ザック・スナイダー 
脚本クリス・テリオ 
ジョス・ウェドン 
原案クリス・テリオ 
ザック・スナイダー 
製作総指揮クリストファー・ノーラン 
出演ベン・アフレック 
ガル・ガドット 
ジェイソン・モモア 
エズラ・ミラー 
レイ・フィッシャー 
ヘンリー・カビル 
エイミー・アダムス 
ジェレミー・アイアンズ 
ダイアン・レイン 
コニー・ニールセン 
J・K・シモンズ 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました