映画【gifted/ギフテッド】感想

☆☆☆☆

●こんなお話

 天才少女を巡って大人たちが親権を争う話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 冒頭から少女の数学に対する天才っぷりが判明していって育ての親代わりの主人公のおじさんから「能力は使ってはいけない」とスーパーヒーローもののような人間社会でばれないようにという育て方をされる日常からして主人公家族や周りの環境が見ていて楽しかったです。夕焼けの中、主人公2人のシルエットだけで神様の話をするシーンだけで見てよかったと思える作品でした。 

 冒頭は天才ものとして描かれていきますが、数学天才ものはメインではなくあくまでモチーフになっていて、メインは本当の幸せをみんなで考えてそれをぶつけあってみんなが成長していくという展開でした。 

 主人公は子供らしい生活をさせたいと望み、祖母は数学の能力を活かした生活をしたいと望み親権を争っていきますが、主人公たちの幸せな生活をしているのを知っているだけに引き離されていくのは【クレイマークレイマー】と同じような飛び道具で反則技でした。そりゃ感動するよという。 

 個人的には小学校の同級生の男の子とかが最初に出てきたわりには後半全く関係なくなっちゃうのとかは残念でした。 

 結果、何をどんな考えにせよ子どもが幸せなのが1番なんだと教育や育児の原点を改めて教えてくれる映画でした。 

☆☆☆☆

鑑賞日: 2017/12/05 TOHOシネマズシャンテ

監督マーク・ウェブ 
脚本トム・フリン 
出演クリス・エヴァンス 
マッケナ・グレイス 
ジェニー・スレイト 
リンゼイ・ダンカン 
オクタヴィア・スペンサー 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました