映画【JOKER 疫病神】感想

JOKERDVDorBlu-ray
スポンサーリンク

●こんなお話

 ヒットマンが出所してヤクザたちがざわつく話。

●感想

 ショーケンさんのおさえたお芝居が最高にカッコよくて、ただ立っているだけでカッコいいです。北村一輝さんの存在感も素晴らしいですし、渡部篤郎さんの静かな怒りもカッコよかったです。

 話はよくあるヤクザものので、特にクライマックス文芸座での銃撃戦なんかも、どうして主人公1人で多人数のヤクザを銃殺できてしまうのが不思議でした。ただ、撃って撃たれたの繰り返しで飽きてしまいました。

 それに、後半の流れがよくわからず。菅田俊さんをめぐる流れで、どうして主人公が組織から追われるハメになるのか。そして何より、ショーケンさんがヤクザには戻らないと言ってたのに。奥さんのお墓参りをして、いきなり主人公に味方する気持ちになるのがよくわかりませんでした。あれほど嫌がってたのに。クライマックスの銃撃戦の撃ちあいが結構、退屈で。もう少し、スタイリッシュに撮影してほしかったです。

☆☆☆

鑑賞日:2011/02/24 DVD

監督小松隆志 
脚色高田純 
原作鵜川英司 
出演萩原健一 
渡部篤郎 
片岡礼子 
北村一輝 
萩原流行 
菅田俊 
宇梶剛士 
青山知可子 
中山麻理 
タイトルとURLをコピーしました