映画【インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説】感想

Indiana Jones and the Temple of DoomNetflix
スポンサーリンク

●こんなお話

 インディたちがインドの宮殿に聖なる石や子どもたちが誘拐されているのでレスキューしにいく話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 スピード感いっぱいの展開に見せ場の連続で、これぞ冒険活劇で楽しい1本でした。

 上海でヌルハチの位牌を巡っての対立があって毒を飲まされて解毒剤を何とか手にしようとするくだりから、インディの相棒となるショートラウンドが車を運転してというところからキャラクターも魅力的で次から次に展開していくので飽きずに見ることができます。

 飛行機に乗って逃げたらパイロットが逃げて、まさかの救命ボートから脱出という凄いアクション。ある村に行くとインディたちが空からの使いと崇められて、そこで聖なる石や子どもたちが宮殿に現れた邪教集団に盗まれたので助けてほしいと頼まれる。

 その宮殿に行くと歓迎されてからのゲテモノ料理の数々のインパクト大です。そこからいきなりインディとさっきまで上海の歌姫だったのがなぜかインドの宮殿についてきたヒロインがいい感じになるという。けれどもインディに刺客が襲いかかって、そこから部屋の仕掛けでトンネルに入っていくと…。ここでのフォーチュンクッキーのおぞましさ、気持ち悪さ。画面いっぱいに広がるうごめく虫という映像。部屋に閉じ込められて天井が落ちてきてピンチ。とかも楽しいです。

 さらに奥へ行くと邪教集団の本領発揮で心臓を生きたままもぎ取るというのとかも印象に残るもので、更に謎の血を飲まされると洗脳される。ここからショートラウンド大活躍で、洗脳を解いたり、針人形でピンチになるインディを救ったりとショートラウンドがいなかったら大変なことになっているインディ。トロッコでのチェイスもすごい迫力に仕上がっているシーンで最高です。外に出たら今度はつり橋からの下に人食いワニがいて、邪教集団のボスとの戦い。と息つく暇のない構成。そして全編に流れるジョン・ウィリアムス御大の音楽も映画の魅力を高めている音楽で最高でした。

 120分ノンストップの映画で楽しくて怖くて面白いアドベンチャー映画でした。 

☆☆☆☆☆

鑑賞日:2021/09/28 NETFLIX

監督スティーヴン・スピルバーグ 
脚本ウィラード・ハイク 
グロリア・カッツ 
原案ジョージ・ルーカス 
出演ハリソン・フォード 
ケイト・キャプショー 
キー・ホイ・クァン 
アムリッシュ・プリ 
ロシャン・セス 
フィリップ・ストーン 
ロイ・チャオ 
ダン・エイクロイド 
デヴィッド・イップ 
リック・ヤング 
チュア・カー・ジョー 
タイトルとURLをコピーしました