映画【ハンニバル】感想

DVDorBD

●こんなお話

 フィレンツェに逃亡したレクター博士と彼に恨みを持つ大富豪とクラリスの三つ巴の戦いみたいな話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 イタリアの映像は格式高い感じに仕上がっていて建築物や自然の風景は見てるだけでウットリしてしまいます。
 ただお話の方はなかなか進まない印象でした。レクター博士に恨みを持つ大富豪がレクターのお世話をしていた看護師からレクターの骨折のレントゲンをもらう所から始まりますが、この手がかりからしていきなりすぎて戸惑いました。
 レクター博士の殺人ショーがこの映画のメインとして描かれますが、それよりも手錠をかけられて「外してくれ」なんて言っちゃうレクター博士にガッカリしてしまいました。前作でクリップで簡単に手錠を外していたのは何だったのだろう?

 前半はイタリアの刑事さんがレクター博士の懸賞金に目がくらんでやめとけばいいのに捕まえようとするシークエンスが長いこと描かれますが、その間主人公のクラリスが一切登場しないのとかも痛いです。
 レクターに恨みを持つ大富豪の手下との戦いになったりしていきますが、ここら辺も大富豪の変質っぷりがあまり伝わらず。ただヴィジュアルがインパクト強いくらいで面白いと思えるキャラクターではなかったのが残念でした。

 レクター博士がいろんな方法で人を殺していくのを楽しむところが見どころの映画になっていたと思います。

☆☆

鑑賞日:2014/09/16 DVD

監督リドリー・スコット 
脚本デイヴィッド・マメット 
スティーヴン・ザイリアン 
原案トマス・ハリス 
出演アンソニー・ホプキンス 
ジュリアン・ムーア 
レイ・リオッタ 
フランキー・フェイゾン 
ジャンカルロ・ジャンニーニ 
0
タイトルとURLをコピーしました