映画【ハクソー・リッジ】感想

DVDorBD

●こんなお話

 戦争で武器を持たないで沖縄戦に参戦した人の話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 主人公の幼少時代から始まり、喧嘩でレンガを使って相手を殴ってしまったことにより「汝、殺すなかれ」の教えを再確認して、第一次大戦に参加した元軍人でアル中の父親と優しい母親の元で育つ幼少時代に青年になって看護婦さんに一目ぼれしてグイグイ押して自分のものにする展開。結構まったりとアメリカングラフティな青春ものが続いて、何の映画なのか戸惑う序盤から中盤でした。中盤からは新兵ものになって、トレーニングが続いてここで主人公が「武器はもてない」という無茶苦茶なことを言い始めて、周りが戸惑うという。 

 この信念がこの映画の要だと思いますが、正直なんでとっとと除隊しないのかと主人公に対して周りの上官や戦友同様イライラしながら見てました。そして軍法会議で裁かれる寸前にお父さん乱入で解決という。主人公の力じゃなくて、背景に大物がついていれば救われるのかと実力者が身内にいたら人生だいぶ楽なんだなと勉強になりました。 

 そして沖縄戦からはドッカンドッカン撃ちまくって、取り残された戦友たちを主人公が崖から降ろしていくというのがクライマックスで何とも地味なのも盛り上がりに欠けました。それでいて日本兵は昼間からバンザイアタックをして重火器も凄かったんだとこれまた勉強になりました。もう少し主人公はどこにいてどこまで行ったら助かる。とか距離感とか配置とかがわかれば盛り上がると思いました。ただ運んで戻っての繰り返しなので、ただのドンパチが長くてこれまた前半同様退屈でした。そして日本側の謎の司令官の切腹とかをじっくり見せる意味とかあったのだろうかと謎のシーンが挿入されたりしていました。メル・ギブソン監督ですら、勇ましいときには勇ましい音楽、悲しい時には悲しい音楽。とわかりやすい演出をしてしまうんだと悲しい気分になりました。 

 良心的兵役拒否というのがあったんだということを知ることができて、さらに兵役に落ちた友達が自殺しちゃうというみんな戦争に行ってるから自分も行かないといけないというプレッシャーも自由の国アメリカでもあったんだと勉強にはなる映画でした。 

☆☆☆

鑑賞日: 2017/06/27 TOHOシネマズ川崎  2018/07/10 Blu-ray

監督メル・ギブソン 
脚本ロバート・シェンカン 
アンドリュー・ナイト 
出演アンドリュー・ガーフィールド 
サム・ワーシントン 
テリーサ・パーマー 
ヴィンス・ヴォーン 
ヒューゴ・ウィービング 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました