映画【寄性獣医・鈴音 GENESIS】感想

DVDorBD

●こんなお話

 寄生したら宿主を発情させる寄生虫と戦う女医さんの話。

●感想

 ちょっとネガティブな展開が多すぎて、70分しかないのにものすごくテンポが悪く感じてしまいました。映画のほとんどで主人公は、少女時代のことを振り返り回想が繰り返され気持ちの流れが途絶えてしまいます。やっと悪の業者の会社の乗り込んで一気にクライマックスに向かうのかと思いきや、ここでも父親との思い出に浸ったりともう少し先に話進めてくださいと思ってしまいます。

 70分しかないのに、話のシークエンス自体が少なくて。途中で出会う企業の御曹司青年とのやりとりなんか1シーンか2シーンしかないのに、何故か共闘したりしてるしで。ちょっとわかりずらい展開でした。

 前後編と2部作らしいのですが、もう少し、前半にも見せ場を作ってもらいたかったです。ただ、寄生虫にやられた人たちのエロいシーンがあるだけにしか見えなかったです。

☆☆

鑑賞日:2012/02/26 DVD

監督金田龍 
脚本藤岡美暢 
小林雄次 
原作春輝
出演吉井怜 
神楽坂恵 
高野八誠 
木下ほうか 
倉貫匡弘 
深水元基 
久保ユリカ 
前田優希 
星野あかり 
螢雪次朗 
0
タイトルとURLをコピーしました