映画【大怪獣ガメラ】感想(ネタバレ)

GAMMERA THE INVINCIBLE
スポンサーリンク

●こんなお話

 北極にかつてあったアトランティス大陸の調査中に原爆によって大怪獣ガメラが甦って大暴れする話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 1965年の時代性なのか結構のんびりしている映画ですが、エスキモーの伝承にあるガメラが復活して破壊をするけど少年を救い、少年はガメラは悪くはないと大人たちに話すけど、当然理解されず。ガメラは火器兵器が通じない。ここで簡単に「米軍に核ミサイルを要請しろ」と日本国内で核攻撃をやっちゃおうとするのに驚きました。
 火器が通じないので、自衛隊が極秘裏に開発していた冷凍兵器で攻撃しようとする。10分しか冷凍できない兵器。ガメラをひっくり返して「亀は自ら起き上がれない。後は餓死を待つだけだ」と作戦は成功したかに見えたと思いきや……。な意外性な展開は面白かったです。

 そもそも何でガメラは東京を襲ってくるのかとかわからなかったです。最初は発電所とかを襲ってエネルギーを補給するためと言っていながら、東京へやってきの大暴れ。突如出てくるZ計画なる作戦も登場がいきなりすぎです。
 火事を起こしたと思ったら台風で火が消えてしまい、ダメだと思いきや火山が噴火して上手くいくという。
 子どもがやたらと前面に出てくるのもいただけなかったですが、展開はご都合主義だし深みみたいなものはないけれど、東京を破壊するガメラの特撮なんかは迫力あって面白かったです。

☆☆☆

鑑賞日:2014/06/03 Hulu

監督湯浅憲明 
脚本高橋二三 
出演船越英二 
姿美千子 
霧立はるみ 
山下洵一郎 
北原義郎 
内田喜郎 
浜村純 
タイトルとURLをコピーしました