映画【GAMER-ゲーマー-】感想

GAMER DVDorBD

●こんなお話

 無実の罪を着せられた男がゲームの世界で頑張る話。

●感想

 開始5分のアクションシーンは、迫力も素晴らしくてカッコいいもので。期待の高まるツカミでした。ところが、よかったのはそこだけであとは失速していきました。

 この映画の世界の説明が少し入りますが、その説明だけではこのSFの設定が理解できませんでした。主人公は一体、誰と戦っているのか? 味方もいるみたいですが、どうして味方なのか? よくわからないまま爆破爆破なので、無表情で見つめる90分でした。ルールが全くわかりませんでした。

 主人公は現実世界の家族を救いたいと動きますが、主人公を操る少年だったり。奥さんの描写だったり。その人物の説明というより、この世界の説明になっているだけの人物なので。感情移入一切できないのが痛かったです。退屈なことこのうえないです。

 映像もやたらとチカチカするもので、頭痛くなりました。もう少し落ち着いてみせてほしかったです。

 誰が何をしたいのか、お気楽なアクション映画かと思いきや。描ききれてなかったで残念でした。

鑑賞日:2011/04/24 DVD

監督マーク・ネヴェルダイン 
ブライアン・テイラー 
脚本マーク・ネヴェルダイン 
ブライアン・テイラー 
出演ジェラルド・バトラー 
マイケル・C・ホール 
アンバー・ヴァレッタ 
ローガン・ラーマン 
テリー・クルーズ 
リュダクリス 
キーラ・セジウィック 
アリソン・ローマン 
ゾーイ・ベル 
ジョン・レグイザモ 
0
タイトルとURLをコピーしました