映画【ファーストラヴ】感想

firstloveAmazonプライム
スポンサーリンク

●こんなお話

 殺人事件が起こって、その容疑者が養育環境で何があったのかとそれを調べる心理士の主人公の過去も男性たちに酷い目に遭っていたことがわかる話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 殺人事件が起こってその容疑者が被害者の娘で主人公が話を聞きに行くけれど、話し始めたら彼女が虐待されているのではないかと過去に何があったのかを探っていって、酷い環境に会ったことが明らかにされていく。

 役者さんたち皆さん好演ではまっていたと思います。北川景子さんはもちろん、弁護士役の中村倫也さん。芳根京子さんも感情表現のアップダウンが激しく大変そうでした。毒親の木村佳乃さんの怪演、落ち着いた雰囲気の窪塚洋介さん。出番は短いですが、高岡早紀さんなどもインパクト大でした。

 少女が大人の男たちに歯向かえない状況になって心に傷を負ってしまうという社会問題の提起というのはわかりますが、ただそういった状況の説明だけをひたすら見せられている感じで退屈でした。しかも主人公が元カレの弁護士と一緒に容疑者の証言をもとに関係者に話を聞きに行ってしだいに明らかになる容疑者の父親や母親との関係というのと主人公自らの父親からの虐待や元カレとの大学時代の出会いから元カレの兄との出会いから結婚という回想が、そこまで有機的に物語に絡んでいるとは感じられず。何がしたいのかがつかみにくかったです。

 元カレとかも母親からの愛情を知らずに育っていなくて、それを主人公に指摘されて逆上というシーンとかもよくある展開で面白さが少なかったです。

 主人公が車にはねられて気が付いたら病院で、そこで目覚めていきなり旦那さんに元カレとの関係とかを告白を突然したりするのも不自然に感じました。

 結局、容疑者が信用できない人間でそれに翻弄されるミステリーなのか。主人公と弁護士と写真家の三角関係のラブストーリーなのか。男性社会に翻弄される女性たちの社会派ものなのか。どっちつかずな印象の映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2021/06/13 Amazonプライム・ビデオ

監督堤幸彦 
脚本浅野妙子 
原作島本理生
出演北川景子 
中村倫也 
芳根京子 
窪塚洋介 
板尾創路 
石田法嗣 
清原翔 
高岡早紀 
木村佳乃 
タイトルとURLをコピーしました