映画【炎の少女チャーリー】感想(ネタバレ)

Firestarter
スポンサーリンク

●こんなお話

 投薬実験で超能力を得た両親とその子供が政府の組織から追われて逃げる話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 父親と娘がスーツ姿の男たちから逃げてるところから始まります。夜の都会の中を走って逃げてくるまで追いかける男たち。タクシーに乗って逃走。回想で投薬実験のバイトに参加する父親、そこで女性と出会うけど、みんな血を流して倒れてという惨事。

 その後、子供の少女のチャーリーが育てている両親。チャーリーは感情が高まると炎を出す能力があるらしくて親にめっちゃトレーニングしてる。そんな中、政府の人間が超能力の発火能力が武器になるかもということで悪だくみしている。

 父親が帰宅すると人の気配がなくて探すと奥さんが死んでいて娘がちょうどバンの中に誘拐されそうになっている。父親の超能力で人を操って誘拐犯を失明させて目撃者の記憶をなくしたり。そして逃避行して別荘みたいなところに行くけど地元民ぽいおじさんおばさんが政府の人間らしくて報告されて居場所がばれる。

 政府の殺し屋みたいな眼帯のおじさんがいて彼はチャーリーを捕まえたら自分のものにしたいというサイコパス感いっぱい。そして麻酔薬で殺し屋が主人公たちを捕まえちゃう。そこから逃避行が終わって、今度は政府の施設で監禁されて能力を発揮させようとあの手この手を使う政府の人間たち。殺し屋が掃除のおじさんのふりをしてチャーリーと仲良くなっていく。停電を利用してベトナム戦争のトラウマを話したりして心を許すようにしていく。

 父親も薬で超能力を奪われそうになったりするけど、偉い人を操って脱出しようとするけれど。チャーリーが殺し屋に計画を話しちゃって、合流場所の馬小屋で父と娘が再会、そして政府の偉い人とか殺し屋も合流しての銃撃戦。父負傷して娘に力を解放しちゃいなさいと言われて、炎の少女チャーリーの本領発揮で火の玉攻撃で施設大爆破。

 殺し屋がなかなかぶっ飛んだキャラクターでチャーリーを自分のものにして2人で過ごした後、殺したい、そして自分もそのとき殺されるだろうと嬉々として語るところかめちゃ怖いです。お父さんは人を操る能力、娘は炎というのはわかりましたが、お母さんはどういう能力だったのか詳しく知りたかったです。炎の特撮がやっぱり見もので、爆破爆破で景気がよくて楽しかったです。ちょっとこういうジャンル映画では110分とチト長く感じましたが、面白い映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2022/07/26 DVD

監督マーク・L・レスター 
脚本スタンリー・マン 
原作スティーヴン・キング 
出演デイヴィッド・キース 
ドリュー・バリモア 
ジョージ・C・スコット 
マーティン・シーン 
ヘザー・ロックリア 
アート・カーニー 
ルイーズ・フレッチャー 
フレディ・ジョーンズ 
モーゼス・ガン 
タイトルとURLをコピーしました