映画【ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序】感想

EVANGELION:1.0 YOU ARE (NOT) ALONE.Amazonプライム
スポンサーリンク

●こんなお話

 人類を襲ってくる怪獣みたいなのと戦うために人型兵器に乗る少年少女たちの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 何の説明もなく固有名詞が飛び交い主人公と一緒に大人たちに振り回される作品で、高速でいろんな大人たちのセリフが速射砲のように飛び交いながら映像も細かいカットを繋いで大掛かりな作戦が展開されていく。そこでの人がいない都会の描写やCGなどが多用された使徒なども綺麗でアクションシーンを見ているだけで満足の1本でした。

 主人公が父親の所属するネルフなる組織にやってくるところから始まり、使徒なる怪獣みたいなのと戦っているらしい。人型兵器のエヴァンゲリオンというものに乗ることになって戦うけど、怖いし痛いしでやる気なくなる主人公。終始、周りに噛みついてやる気を出さず、家出をして街をさまよったりする主人公になかなかのイライラを感じてそれがキュートでもある主人公でした。

 悩みながらも結局戦うことになって劇中でいくつかある使徒との戦いが挟み込まれて、特にクライマックスの日本の電力を結集して狙撃するというのとかも見せ場として面白く、主人公を守るためにヒロインが盾になって…というのとかも燃える展開でした。

 展開が高速のため目の前で起こっていることだけに展開されて行って退屈はしなかったですが、全体像はまだまだつかめず、その後の展開が気になる1本目でした。

☆☆☆☆

鑑賞日:2009/10/29 Blu-ray 2021/01/07 Amazonプライム・ビデオ

総監督庵野秀明 
監督摩砂雪 
鶴巻和哉 
出演緒方恵美 
林原めぐみ 
三石琴乃 
山口由里子 
立木文彦 
清川元夢 
タイトルとURLをコピーしました