映画【ドラッグ・ウォー 毒戦】感想

DVDorBD

●こんなお話

 覚せい剤密造で捕まった男が死刑になりたくないから、と麻薬捜査官に情報を流して麻薬組織と戦っていく話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 100分間、最初から最後まで麻薬売買の捜査をスピード感いっぱいの演出で描いていくという。主人公の刑事さんたちの私生活とか一切見せないです。
 麻薬を密輸するバスを一網打尽にしたり、大物麻薬組織のブツを運ぶトラックを追いかけていく尾行だったり。主人公の刑事が潜入して取引をしていく。そのうちに大物組織を操っているのが香港7人衆だぞというのがわかってくる。この7人衆がジョニー・トー作品の常連なのが笑えました。しかも全然犯罪組織の大物っぽさはなくて普通のおじさんおばちゃんたち。

 捜査に協力する男は死刑になりたくない、という一点突破の男でしかも常に逃げようとする油断ならない男。この人も信じることができない怪しげな感じなのもよくて、刑事たちとずっといるのに信頼関係築けない。
 その男の覚せい剤製造の弟子のろうあの兄弟も出てきますが、いきなり戦闘能力を発揮して戦う姿も熱かったです。

 そしてクライマックスの20分くらいの銃撃戦。撃って撃たれてと全員が負傷していきます。撃たれてもなかなか死なないのが笑ってしまうくらいの銃撃戦。これも見た事のないような銃撃戦でどうやって考えて組み立てて撮影してるのか気になる素晴らしい迫力の銃撃戦でした。
 全員が鉢合わせしての銃撃戦。車に飛び乗っての撃たれながら突っ込むとか熱くて最高の銃撃戦でした。

 最初から最後までノンストップで麻薬捜査を楽しめる映画で面白かったです

☆☆☆☆

鑑賞日:2014/08/26 DVD

監督ジョニー・トー 
脚本ワイ・ガーファイ 
ヤウ・ナイホイ 
リケール・チャン 
ユ・スィ 
出演ルイス・クー 
スン・ホンレイ 
クリスタル・ホアン 
ウォレス・チョン 
ラム・シュー 
ラム・カートン 
ミシェル・イエ 
0
タイトルとURLをコピーしました