映画【ドラゴンクエスト ユア・ストーリー】感想(ネタバレ)

スポンサーリンク

●こんなお話

 あんまり冒険している感のないドラゴンクエストの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 ゲームをやっていない身からすると、冒頭で「ドラゴンクエスト」のゲーム画面になって登場人物の紹介があって、その続きからこの映画の世界が始まるため。映画の中で主人公たちが再会したりしても全く持って感動したりできなかったです。

 それでいて冒険活劇としての面白さがあるかと思えば、すべてがトントン拍子で進んで行くので障害を冒険の仲間たちと知恵と勇気や経験で突破していく面白さみたいなものは一切なく。ただ、いきなり「天使がいるから」とか言われて、すぐ次のシーンで立ちはだかる巨大ロボットを簡単に突破したと思ったら天使が現れて「あなたの勇気を試したのです」みたいなのが現れたと思ったら「過去に行きなさい」とか言ってすぐに過去へ向かって…。とかゲームをやっていれば高速展開についていけるかもしれないですが、やったことのない身からすると何が起こっているのかわからなかったです。

 そもそも前半は主人公が2人のヒロインと再会しますが、その再会にも何の気持ちも発生しない構成でしたが、主人公が最初に告白して、すぐに心変わりして別のヒロインに告白しなおすという流れも告白された方としちゃ、ただの浮気男にしか見えないのではないかと戸惑う展開でした。占いおばあさんが実は…という展開もなぜあの魔法みたいなのが使えるのかわからなかったです。そもそもこの映画の世界では魔法とかは唱えるだけで簡単に使えるものみたいなので、苦労して覚えるとかレベルアップして覚えるとかでもないRPGさが一切なかったです。正直、主人公が誰に告白するのかを悩むのに結構な時間を費やしている意味とかもわからない退屈な時間が多かったです。

 主人公が石化されて8年経っての息子との再会も主人公たちは何の気持ちの動きもなく、あっさりと認め合ってすぐに次のシーン。という無感情のCGキャラクターたちでした。そしてすぐに敵の本拠地に乗り込んで…という高速の展開に終始きょとんとするなかなか体感時間の長い上映時間でした。

 ラスボスだと思っていたキャラクターが実は…な展開も変化球で面白くなりそうですが、そこに至るまでが退屈なのでもうどうでもいいとこれまた無表情のまま展開していく流れでした。CGキャラクターたちも子ども向けにしたのか大げさなお芝居がずっと続くのでゲンナリする動きをする登場人物たちでした。

 せっかくのすぎやまこういち御大の音楽もゲームをやったことなくても感動的なメロディなのにもったいない映画でした。

鑑賞日: 2019/08/22 チネチッタ川崎

総監督山崎貴 
監督八木竜一 
花房真 
脚本山崎貴 
原作堀井雄二
出演(声)佐藤健 
有村架純 
波瑠 
坂口健太郎 
山田孝之 
ケンドーコバヤシ 
安田顕 
古田新太 
松尾スズキ 
山寺宏一 
井浦新 
賀来千香子 
吉田鋼太郎 

コメント

タイトルとURLをコピーしました