映画【ソーセージ・パーティー】感想(ネタバレ)

sausage-party
スポンサーリンク

●こんなお話

 スーパーからお客さんに買ってもらって外に出ることが生きる意味の食材たちが、外に出ると人間に食べられることを知って、パニックになる話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 アニメーションの映像が綺麗でやってることは下ネタだったりしてくだらないけれど、映像美として見ちゃうのかしっかりしていて感心しました。エピローグの食材たちがするある行動が1番の見せ場で何度も繰り返し見たい名ラブシーンでした。

 ただそこが1番でメインとなる食材たちの逃避行がいくつかのグループになって同時進行していきますが、その流れが特に面白みに欠けると思いました。そのため終始退屈でした。そこで可愛いアニメキャラクターがめっちゃグロいとかで見せてくれれば面白いですが。結構真面目に擬人化された食材たちが逃げ回るだけでした。唯一笑ったのは、クスリを決めた男の末路で彼の生首ギャグは個人的にはハマりました。

 ハリウッド映画のコメディ俳優たちがそろって作っているわりには真面目な作品で期待外れでした。

☆☆☆

鑑賞日: 2017/06/21 DVD

監督コンラッド・ヴァーノン 
グレッグ・ティアナン 
脚本セス・ローゲン 
エヴァン・ゴールドバーグ 
カイル・ハンター 
アリエル・シェイファー 
原案セス・ローゲン 
エヴァン・ゴールドバーグ 
ジョナ・ヒル 
出演(声)セス・ローゲン 
クリステン・ウィグ 
ジョナ・ヒル 
ビル・ヘイダー 
マイケル・セラ 
ジェームズ・フランコ 
ダニー・マクブライド 
クレイグ・ロビンソン 
ポール・ラッド 
ニック・クロール 
デヴィッド・クラムホルツ 
エドワード・ノートン 
サルマ・ハエック 

コメント

タイトルとURLをコピーしました