映画【CUBE】感想

Hulu

●こんなお話

 目覚めたらキューブに閉じ込められていて、いろんな部屋に命に関わるトラップばかりが設置されてて、誰が何のためにという目的もわからぬまま何とか脱出しようとする話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 設定の面白さの一点突破で魅せていく映画で余計な説明を省いて、閉じ込められた場所から突破していく。
 少ない登場人物たちがわけもわからずキューブに閉じ込められて次から次に部屋を移動していくけど、そのたびにいろんなトラップがあって脱落していく。

 不条理な恐怖とそこで発生する登場人物たちの関係。
 ただ中盤からはキューブの怖さより1人の人間が生き残りたい本性を出し始めて、キューブからその人間がカタキ役になっていくあたりから退屈に感じてしまいました。
 脱出するためのロジックも因数がどう素数がどうと一応の説明がありますが、それもただ数字を読み上げていくだけなので突破していく面白さというものも感じられなかったです。

 とはいえ、90分楽しめる映画でした。

☆☆☆

鑑賞日: 2015/02/06 Hulu

監督ヴィンチェンゾ・ナタリ 
脚本アンドレ・ビジェリック 
ヴィンチェンゾ・ナタリ 
グレイム・マンソン 
出演モーリス・ディーン・ホワイト 
ニコール・デ・ボアー 
ニッキー・ガダーニ 
デイヴィッド・ヒューレット 
アンドリューミラー 
ウェイン・ロブソン 
ジュリアン・リッチングス 
0
タイトルとURLをコピーしました