映画【コネクテッド】感想

CONNECTED Netflix

●こんなお話

 誘拐されて壊れた電話を使って、たまたまかけた電話相手に救出を頼んでてんやわんやの話。

●感想

 オリジナルの「セルラー」同様、何者かに誘拐されて壊れた電話を何とか直して偶然かかった相手と何とか電話を切られないように通話しながらカタキ役と追いかけっこしたりのハラハラドキドキの100分間で面白かったです。

 怪しい電話がかかってきた助けを求めてきたら普通は警察に連絡するとは思いますが、ちゃんと警察に簡単にはいけないような設定がされていて、主人公が単身で頑張らないといけないというタイムリミットものとして次から次にピンチが起こってそれを突破していく面白さでいっぱいでした。

 形態の充電が切れる! 急いで携帯電話屋へ、そこの店員が全く使えない。とか笑えますし、娘が誘拐されると判明したので犯人よりさきに学校へ! 犯人より先に事情を知っている弟がいる病院へ! と移動のたびにカーチェイスみたいなこともあったりして面白いです。カーチェイスで周りの車が派手にクラッシュしてなかなか巻き込まれた人たちがかわいそうでした。

 そして犯人たちがどうやらインターポールだぞということがわかって、汚職警官なのかという絶望のなか。交通課で下っ端と思われている警官が少しずつ事件に関わってきて…というバラバラの人間が集まってくる気持ちよさ面白さもある構成もよかったです。

 オリジナルのハリウッド映画版より泥臭いアクションが香港映画っぽくて、クライマックスの空港での銃撃戦や倉庫での殴り合いも楽しく見ることができました。

 ちょっと子役のお芝居がこれまた香港映画っぽいわかりやすいオーバーアクトでお父さんが待ち合わせ場所に来てくれない、いつも約束を破ると落ち込む。とかは個人的には別に要らなかったかなとも思わなくはないですが、父親として恥ずかしい人生だったのが、女性を救うために頑張る姿を見せて理解されるという展開のため仕方ないかなという設定でした。

 オリジナルが90分だったのにこちらは100分ほどと長くなってしまっていますが、勢いは変わらず楽しい映画でした。

☆☆☆☆

鑑賞日:2021/06/11 NETFLIX

監督ベニー・チャン 
脚本ベニー・チャン 
アラン・ユエン 
オリジナル脚本クリス・モーガン 
原案ラリー・コーエン 
出演ルイス・クー 
バービー・スー 
ニック・チョン 
リウ・イエ 
タイトルとURLをコピーしました