映画【奥様は、取り扱い注意】感想(ネタバレ)

Caution,-Hazardous-Wife-The-Movie
スポンサーリンク

●こんなお話

 特殊工作員だかの夫婦の奥さんが記憶喪失になって、メタンハイドレートの誘致で揉める街に夫婦でやってきて奥さんの記憶が戻るのか戻らないのかとかメタンハイドレートの揉め事の話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 メタンハイドレートの招致を目指す市長と環境破壊だという反対派の市民運動で対立する街があってそこに主人公夫婦がいて、旦那さんは学校で先生をしていて奥さんは専業主婦で仲良くやっている。回想でその夫婦が工作員だかの活躍のアクションがあり、奥さんの頭に銃弾がかすめて昏倒。記憶喪失になったために上司から地方の街へ身分を偽って過ごすように言われて現在の生活があることが紹介されます。

 メタンハイドレートの反対派の人たちと交流して、次々にヤクザみたいなのに襲われていって問題になったり。旦那さんは奥さんの記憶喪失が本当かどうかというのを疑って、位置情報を見て後をつけたりしてストーカーちっくなことをしている。

 反対派の人たちが襲われるときに謎のマスクマンが現れて助けたりして、それが奥さんなのではないかと旦那さんが疑ったり。元同僚みたいな人と仲良くしゃべったり。

 そして奥さんは実は記憶喪失ではなく、偽っていたことがわかって旦那さんがピンチだという事で旦那さんがメタンハイドレートの掘削船だかで忍び込んで特殊部隊みたいな人たちと戦っているところに奥さんも駆けつけて戦いのクライマックス。冒頭のアクションで出てきたロシア人の男性との一騎打ちがあって、奥さんが撃たれて船の上から落下して行方不明。

 旦那さんは街で先生として過ごしていて、どこかのリゾート地に案の定奥さんはいて…。という。

 コメディ色が強いのかな? と思いきやそうでもなく、ひたすら街の招致問題と主人公の記憶喪失で工作員としての道ではなく平和に生きるという選択をするのかしないのかで悩むという問題がメインでしっかりと描いているとは思いますが、正直興味が持てない人たちで彼らの悩みとかどうでもよかったです。

 アクションシーンもカット割りが細かくて迫力不足が否めず、見せ場としても盛り上がらない作りが残念な1本でした。

☆☆☆

鑑賞日:2022/05/11 Amazonプライム・ビデオ

監督佐藤東弥 
脚本まなべゆきこ 
出演綾瀬はるか 
西島秀俊 
鈴木浩介 
岡田健史 
前田敦子 
鶴見辰吾 
六平直政 
佐野史郎 
檀れい 
小日向文世 
セルゲイ・ヴラソフ 
タイトルとURLをコピーしました