映画【ブルージャスミン】感想

Netflix

●こんなお話

 落ちぶれセレブの生活を見て他人の不幸を見て喜ぶ映画。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 冒頭からウディ・アレン監督作品らしいテンポのいいセリフの掛け合いが覆い尽くしてそのまま突っ走る90分でした。 

 主人公が最初から最後まで嫌な女で前半はとにかく主人公が自分の立場を理解せずに勘違いを繰り出してみていてムカムカさせれくれるセットアップでした。全部自分中心に世界は回っていて、外交官と出会って彼と何とかなろうとするけど。義弟に再会してすべてをばらされて結婚がなしになっても見ているこちらは主人公に同情することなく、むしろスカッとなるという他人の不幸を見て気持ち良くさせくれる映画でした。 

 何の説明もなく時間軸が行ったり来たりするので少し混乱しましたが、自分は何の努力もせずに玉の輿に乗っただけで相手を見下すことを忘れない主人公が疲れ切っていく姿が楽しい映画でした。 

☆☆☆

鑑賞日: 2017/11/24 NETFLIX

監督ウディ・アレン 
脚本ウディ・アレン 
出演ケイト・ブランシェット 
アレック・ボールドウィン 
サリー・ホーキンス 
ピーター・サースガード
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました