映画【BLAME!】感想

Netflix

●こんなお話

 人間が滅びゆく世界で食糧を求めて外の世界に出ようとする人たちと人類を滅ぼそうとするマシンの戦いの話。 

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 基礎知識がないまま映画を見ると、正直誰が主人公で何の話なのかを判断するのが難しいアニメーション特有の入り込みにくさでした。映像は綺麗でそれを見られるだけで満足できるアニメーションでもありました。 

 冒頭で子どもたちが何かを求めて廃墟のような場所を探していて、そこに能面みたいな顔のロボットが襲ってきて1人また1人とやられていく。そこに黒ずくめの男が現れて主人公の窮地を救って、彼が人類のピンチを救えるらしいと彼の求めるものを探すことになる。 

 アニメに慣れていないと彼らが話す固有名詞や彼ら自体の顔の選別が難しくて世界観に入り込むのが難しくて映画全体を楽しめなかったですが、その場その場のアクションや映像美がカッコいいというのはわかってそれだけでもよかったです。 

 村を守るために外敵を遮断しているけど、主人公きっかけにそれをやめて外の世界に希望を見出すけど、案の定、バリアーが破られて村全体がピンチになって…。という、どこかで見たことあるかのようなSF映画やアクション映画を上手いこと換骨奪胎していると思いました。

☆☆☆

鑑賞日: 2017/05/28  NETFLIX

監督瀬下寛之 
総監修弐瓶勉 
脚本村井さだゆき 
原作弐瓶勉
出演(声)櫻井孝宏 
花澤香菜 
雨宮天 
山路和弘 
宮野真守 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました