映画【バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生】感想(ネタバレ)

batman-v-superman-dawn-of-justice
スポンサーリンク

●こんなお話

 スーパーマンが活躍すると街が破壊されちゃうので、バットマンがスーパーマンを止めようとしたり怪物が現れたりする話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 ザック・スナイダー監督作品らしい凝った映像にスローが印象的でそれでいて大爆発の連続のアクションと派手な映画ですごかったです。 中盤の対スーパーマン用のごついバットマンとスーパーマンの戦いとか楽しかったです。

 ただ話は延々と暗くて全員が悩んで眉間にしわを寄せて喋って、話も暗いしそれに輪をかけて映像が暗くて醜くて150分という長さがえらく長く感じて退屈でした。見せ場であるアクションシーンも後半にこれでもかとありますが、映像が暗い上にドッカンドッカンと爆発を繰り返すだけなので、これまた面白みに欠けて、早く終わらないかな? と目がチカチカする映像で集中力がきれてしまいました。

 バットマンはスーパーマンを止めようとするためにスーパーマンの弱点であるクリプトンナイトを入手しようとレックスルーサーが輸入したらしいとなって、奪おうとして…。レックスルーサーという男もスーパーマンの弱点を使ってスーパーマンを止めようとする。スーパーマンはスーパーマンで相変わらず悩んでいて…という流れ。それでいてシリーズものだからか、この映画だけ見ていてわからないことが多くて、バットマンに夢の中で忠告するみたいな男とかデビルみたいなのとの戦いとか、いきなり出てくるアマゾネスとか一体誰だったんだろう? という疑問だけが残るキャラクターとかもこれ1本だけで判断できないのが悲しいです。

 タイトルになっているバットマンとスーパーマンの戦いも共通の敵が出てくると簡単に和解するのとかも行動の動機がよくわからなかったです。ヒーローたちもお母さんが大事なんだと勉強になりました。お母さんの居場所をなんでバットマンが知っているんだろうとか? 思っちゃいました。それでいて、クライマックスの戦いはバットマンは蚊帳の外だし、知らないアマゾネスが大活躍だし。スーパーマンの恋人はスーパーマンの弱点の槍を水の中に捨てたと思ったらまた取りに戻りに行くとか何がしたいのかわからない行動をしたりして突っ込みながら見ちゃいました。そもそもあのヒロインがこの映画に必要だったのか謎でした。 クライマックスは怪獣映画となっていて、それはそれで楽しいですが単純に暗くて見えにくく何が起こっているのかわからないというのが問題でした。

 冒頭からスローが多用されて、なかなか前に話が進まないのも退屈さを感じる原因の1つだと思いました。それでいて暗くて見にくい映像に何回も夢オチを見せたりとわかりにくい展開だったりも入り込めなかったです。

 とはいえ、人気キャラクターたちが同じ画面にいるだけで満足な作品なのかなと思える映画でした。

☆☆

鑑賞日: 2016/03/25 TOHOシネマズ川崎  2016/09/08 Blu-ray 2020/10/08 NETFLIX

監督ザック・スナイダー 
脚本クリス・テリオ 
デビッド・S・ゴイヤー 
原作DCコミック 
製作総指揮クリストファー・ノーラン 
出演ベン・アフレック 
ヘンリー・カヴィル 
エイミー・アダムス 
ジェシー・アイゼンバーグ 
ダイアン・レイン 
ローレンス・フィッシュバーン 
ジェレミー・アイアンズ 
ホリー・ハンター 
ガル・ガドット 

コメント

タイトルとURLをコピーしました