映画【あやしい彼女】感想(ネタバレ)

スポンサーリンク

●こんなお話

 毒舌のおばあちゃんが街の写真館で写真を撮ったら、若返って歌姫としてやっていこうとする話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 話の流れはオリジナルの韓国と流れは一緒で、毒舌で娘と関係が上手くいっていない主人公が若返って、孫と一緒にバンドを組んでメジャーデビューしていく。その中で主人公と娘がいかに育てるのが大変だったのかという回想が入って、娘との関係が修復していく。

 なんといっても多部ちゃんの魅力で引っ張る映画で彼女のアイドル映画として楽しめました。それに小林聡美さんのさすがのお芝居で、クライマックスの親との和解のシーンは胸が熱くなるものでした。

 ただ主人公の歌声が聞くもの全員を魅了するという設定ですが、普通に多部ちゃんの歌声なのでなぜそこまでみんなが魅力されるのかという説得力がなかったです。コメディなのでリアリティを求めてはいけないですが、簡単にプロデューサーの目に留まってメジャーデビューまでトントン拍子だったり、孫が交通事故に遭うのが突然すぎだったりと次の展開に至るのが雑に感じました。

 コメディ映画としても少し鈍重でオリジナルのキレみたいなのはなくなってしまっているのが残念でした。

☆☆☆

鑑賞日: 2017/02/22 DVD

監督水田伸生 
脚本吉澤智子
出演多部未華子 
倍賞美津子 
要潤 
北村匠海 
金井克子 
志賀廣太郎 
小林聡美 

コメント

タイトルとURLをコピーしました