映画【日本暗殺秘録】感想

Assassination Right Or Wrong DVDorBlu-ray

●こんなお話

 明治、大正、昭和のいろんな暗殺事件の話。

●感想

 次から次に出てくるテロリストたちがオールスターキャストでそれだけで楽しい映画でした。しかも冒頭の桜田門外の変から大久保利通暗殺、大隈重信暗殺未遂に犯人の主観視点での星亨暗殺事件など。そこから菅原文太さんが貧困層のためにビルを建ててくれと訴えて断れると襲い掛かる安田善次郎暗殺事件。本当に暗殺のダイジェストで特に説明や背景もないです。有名な暗殺事件を豪華キャストがやっているという以上のものも特に感じなかったです。

 ギロチン社事件になるとやっと犯人が「あーお金が欲しいなぁ」とのんきに言っているのが印象的でした。そしてメインの血盟団事件の犯人である小沼正の半生が長い時間描かれます。当時の農村など貧困層や真面目に働いているのに警察の腐敗や高利貸しなどによって奉公しているカステラ屋の倒産。職人たちの苦悩。そこでの恋愛も描かれたり。井上日召に出会って入信してという。最初に井上日召が登場するときにピカーン! と稲妻が走って登場するカリスマ性表現が凄かったです。千葉真一さんが朝日に向かって「南無妙法蓮華経」とお題目を唱えるいっちゃった目つきが最高でした。日本のために動こうと陸海軍とも協力していきますが、彼らも私利私欲のために動いているとなって手を切ったりして。いまいちこの血盟団事件の展開が知識として入っていないので、小沼正が暗殺事件を起こすまでが伝わりにくく見せ場である暗殺事件を行うところとかそこまで長いわりには唐突に事件を起こしているように見えて結構退屈でした。

 その後の高倉健さんの永田鉄山暗殺と226事件とかも蛇足に感じてしまって、特に鶴田浩二さん演じる磯部浅一の訴えとかも226事件の青年将校の背景がこの映画だけではわからないのでこれまた唐突で何でそんな訴えを今しているのだろう? と伝わりにくかったです。

 変な構成の映画で面白いですが、それが成功しているのかは微妙に感じる1本でした。

☆☆☆

鑑賞日:2011/02/20 DVD 2021/03/12 WOWOW

監督中島貞夫 
脚色笠原和夫 
中島貞夫 
原作鈴木正 
出演若山富三郎 
那須伸太朗 
茂山高一 
堀正夫 
土橋勇 
疋田泰盛 
唐十郎 
藤本秀夫 
友金敏雄 
吉田輝雄 
矢奈木邦二郎 
千葉敏郎 
菅原文太 
志摩靖彦 
高橋長英 
土方巽 
千葉真一 
片岡千恵蔵 
高津住男 
八尋洋 
青山宏 
山下義明 
加藤匡志 
高橋昌也 
波多野博 
三益愛子 
小池朝雄 
桜町弘子 
藤純子 
広瀬義宣 
榊浩子 
木山佳 
中村錦司 
北川恭子 
南都雄二 
加村赳雄 
田中春男 
西田良 
平沢彰 
白川浩三郎 
汐路章 
香月涼二 
東山明美 
賀川雪絵 
市川裕二 
岡島艶子 
村井国夫 
田宮二郎 
林彰太郎 
近藤正臣 
原田清人 
嶋田景一郎 
賀川嘉三 
砂塚秀夫 
鶴田浩二 
里見浩太朗 
神田隆 
高倉健 
芥川比呂志 
タイトルとURLをコピーしました