映画【ファイアー・レスキュー】感想

DVDorBD

●こんなお話

 香港のクリスマスの夜に発電所の近くで起こった火災きっかけで大停電やら大火災が起こって、消防士たちの戦いの話。

●感想

 中盤で大停電が発生して、香港の街が暗くなっていく描写がビジュアルとして面白かったです。そしてそこから救出活動をする消防士たちの戦い。ここから閉じ込められた消防士たちが煙やらなんやらの危機を突破していく展開。
 危ない場所を渡ったり閉じ込められてどう突破していくのか? という脱出ものとして迫力ある映像もあわさって面白く見ることができました。

 ただキャラクターが魅力っぽく描かれてそうですが、そうでもなくて。冒頭である火災により同期の消防士3人の関係が気まずくなる。そこから現代になって立場が変わって、消防署が舞台になって伝説の消防士や大陸からやってきた消防士などが描かれていきますが。主人公たちの関係が最初から崩れていてげぶつかりあっているので把握する前に動き始めるので、危機を突破していくうちに再生するという関係性がイマイチ伝わってこなかったです。画面が暗くてヘルメットかぶっていたりで見分けがつきにくいのもその要素の1つだと思いました。
 定年間近の伝説の消防士や大陸からやってきたベテラン消防士も時間かけているわりには動きがすくなくて、その上回想も挟まってダルく感じてしまう部分がありました。

 とはいえ香港映画らしい漢と書いて男と読むような熱い展開がコッテリとしていて熱い映画でした。そして友情出演のジャッキーの登場の仕方が1番盛り上がる映画でもありました。

☆☆☆

鑑賞日: 2015/02/09 Blu-ray

監督デレク・クォック 
脚本デレク・クォック 
出演ニコラス・ツェー 
ショーン・ユー 
サイモン・ヤム 
アンディ・オン 
フー・ジュン 
リウ・カイチー 
ジャッキー・チェン 
0
タイトルとURLをコピーしました