映画【仮面ライダー1号】感想

Amazonプライム

●こんなお話

 おやっさんの孫娘がショッカーたちに狙われていることを知った本郷猛が頑張る話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 仮面ライダー1号というより思いのほか仮面ライダーゴーストの登場人物たちが絡んでくるので、それを見ていないと冒頭から置いてけぼりをくらいました。 

 この映画なんといっても本郷猛を演じる藤岡弘さんの藤岡弘さんパワーが凄くて、モノマネとかのオーバーな感じをそのまんまやっていて、面食らう作品でした。やたらと「生命とは」みたいな命の授業をしていてぶっとんでいました。 

 作品自体もストーリーがうんぬんというよりおやっさんの孫娘を守るためにアジアにいた主人公が戻ってきますが、その孫娘が「たけし…」と呼び捨てで呼ぶのもどういうい世界観なのかわからなかったし、ずっと育てていたけど中学卒業でもう子育てをやめてどっかいっちゃった本郷猛も中学生で育児を放棄するのもなかなかの厳しさでした。そして孫娘とデートのシーンをどういう気持ちで見ればいいのかわからなかったです。太鼓の達人をする藤岡弘さんを呆然と見つめていました。 

 ショッカー同士の内ゲバがあって、そこにライダーたちも絡んでくる。ライダー1号も物凄くごつくなっていて、ごつくてカッコいいというより太っちゃった感が強くてこれまた気を使いながら見てました。アクションもこれといった見栄えがしないものなので、藤岡弘さんの年齢のわりには凄いバイクシーンがあるくらいで他に面白さを感じることがなかったです。 

 孫娘の学校に簡単に潜入する主人公たちがどうやって先生として潜入できてるのかわからなかったり、そして全く先生に見えないとかそういうのはどうでもいいですが。そういったことより藤岡弘さんの圧倒的迫力にただただ戸惑う珍作だと思いました。キャンプファイヤーみたいな火葬からの復活とかもどういう気持ちで見たらいいのかわからなかったです。 

☆☆

鑑賞日: 2017/10/30  Amazonプライム・ビデオ

監督金田治 
脚本井上敏樹 
原作石ノ森章太郎
出演藤岡弘、 
西銘駿 
岡本夏美 
阿部力 
長澤奈央 
武田幸三 
竹中直人 
大杉漣 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました