映画【前科者】感想(ネタバレ)

Zenkamono
スポンサーリンク

●こんなお話

 保護司の主人公が殺人の前科を持つ青年がバイオレンスな道に戻っちゃうかもと奮闘する話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 浜辺で寝転がった学生さんが2人いてキスするところから始まります。シーンが変わって主人公がコンビニでバイトしながら合間に担当の仮釈放保護観察中の人たちと面談していく。大金をツケで払わず主人公のところに請求がやってきたりと大変な日々。無報酬で働いているなどのテロップが紹介されて、冒頭は保護司のお仕事紹介ムービーとして楽しかったです。

 そして自動車整備工として働く青年のもとを訪ねて面談をする。昔の職場で先輩にいじめられて殺人を犯してしまって仮釈放中らしい。仕事も頑張っていて面談も真面目にしていて間もなく仮釈放が終わりそう。

 そんなある日、その青年の目の前に銀髪の青年が現れる。同時進行で警官の拳銃を強奪されてその拳銃で銃撃事件が発生してそれの捜査も同時進行で描かれます。

 仮釈放中の青年と拳銃銃撃事件が何やら関係があるらしいとなってきて、青年たちの過去に実の母親が殺害されていて、拳銃銃撃の被害者たちは青年たちを助けてくれなかった警官や役所の人や養護施設の先生や義理の父親などがターゲットだとわかってきて、彼らの生い立ちの回想。

 義理の父親のもとへ主人公が訪ねて話を聞きに来た時に、警官も張り込んでいて青年たちが襲撃してきて拳銃で狙ううんぬんがある。負傷した青年が弁護士を呼ぶけれど、青年のターゲットはまだ弁護士が残っていたことがわかって主人公が止めに入って自分が保護司になろうとした動機を話して青年感動。

 人間の環境や生い立ちの酷さや生きづらい世の中だけど、ずしんとヘヴィーな内容ですが。エンタメとしてもどういう風に話が転がっていくのかと楽しんで見られる1本でした。

☆☆☆

鑑賞日:2022/06/28 Amazonプライム・ビデオ

監督岸善幸 
脚本岸善幸 
原作香川まさひと
月島冬二
出演有村架純 
磯村勇斗 
若葉竜也 
マキタスポーツ 
石橋静河 
北村有起哉 
宇野祥平 
リリー・フランキー 
木村多江 
森田剛 
タイトルとURLをコピーしました