映画【座頭市 THE LAST】感想

Zatoichi The Last DVDorBD

●こんなお話

 静かに暮らしたい座頭市だけど、ヤクザたちが絡んでくる話。

●感想

 オープニング、座頭市とヒロインが別れたように思える演出ですが。何故か、また走り戻ってきて悲しい結末になりますが。どういう流れなのかが非常にわかりずらい演出でした。

 そして、何より主役の座頭市というキャラクターに全く魅力がないのが痛かったです。めちゃくちゃ弱いのが物語に入り込めない理由だと思いました。弱いけどいざというときに仕込み杖を抜いて悪を斬ってもらわないと。

 仲代達矢さん演じるヤクザのボスも一体何を喋ってるのか理解不能な台詞で何が目的なのかがわかりませんでした。その息子も描かれ方が中途半端にしか見えなかったです。

 出てくる人たち全員の描かれ方が薄いので、座頭市を騙してまで何とか今の状況を打開しようとする百姓の友達などの葛藤が全く伝わってこないので。クライマックスで百姓がとる行動も何の気持ちもわきおこりませんでした。

 いくら人が斬られても血が出ないのは何故なんでしょうか? この映画の人物たちの体の仕組みは一体どうなっているのか。
 殺陣も淡白なのが残念でした。

 ちょっと、130分長く感じてしまいました。

鑑賞日:2011/09/29 DVD

監督阪本順治 
脚本山岸きくみ 
原作子母澤寛
出演香取慎吾 
石原さとみ 
反町隆史 
工藤夕貴 
寺島進 
高岡蒼甫 
ARATA 
ZEEBRA 
加藤清史郎 
宇梶剛士 
柴俊夫 
豊原功補 
岩城滉一 
中村勘三郎 
原田芳雄 
倍賞千恵子 
仲代達矢 
0
タイトルとURLをコピーしました