映画【ヴァン・ヘルシング】感想

TSUTAYA TV

●こんなお話

 狼男やらフランケンシュタインやらドラキュラやらモンスター大集合な話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 CG感いっぱいのアニメのようなキャラクターたちが縦横無尽に動き回る映像でそれがドッカンガッシャンとぶつかりあっていればそれでいい映画なのだと思いました。
 ただこの内容で130分はチト長かったです。主人公のモンスターハンターの仕事が冒頭で紹介されるアクション。それからドラキュラ退治にでかけますが、この主人公、結構ずっとモンスター相手に苦戦を強いられて、よく今までモンスターハンターとして生活できてたのか不思議でした。

 この映画に出てくる皆さんの背景があんまり伝わってこないので、イマイチ活劇としての面白さがなかったように思えました。
 肝心のアクションも暗い画面の中、ピカピカ光って頭痛くなる映像で見にくいことこの上なかったです。

 長い上映時間の割に、ヒロインとボスの子分ととかの戦いは長く描いて、主人公とボスの戦いはアッサリで残念な映画でした。

☆☆

鑑賞日: 2015/02/27 TSUTAYA TV

監督スティーヴン・ソマーズ 
脚本スティーヴン・ソマーズ 
出演ヒュー・ジャックマン 
ケイト・ベッキンセイル 
ウィル・ケンプ 
リチャード・ロクスバーグ 
デイヴィッド・ウェンハム 
ケヴィン・J・オコナー 
0
タイトルとURLをコピーしました