映画【ティム・バートンのコープスブライド】感想(ネタバレ)

Tim Burton's Corpse Bride
スポンサーリンク

●こんなお話

 両親が決めた結婚することになった新郎が結婚式の練習を森でしてたら遺体が新婦となって死者と結婚するのかしないのかな話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 魚屋だけどお金持ちな一家と貴族だけど没落してお金が欲しい一家がお互いの利害関係が一致して顔合わせをするところから始まります。

 新郎が結婚が憂鬱だなぁと思って相手のお屋敷にあったピアノを弾いてたら、新婦がやってきてお互い良い感じになる。けれども新郎が段取りをうまくいけずに牧師さんから怒られて挙式は延期に。

 落ち込んだ主人公が裏の森でスピーチの練習をしていて、その流れで指輪を木の枝みたいなのにはめたらそこから死者が復活して逃げるけど気付いたら死者の世界へ行ってしまう。

 死者の世界で主人公から告白されたと思った死者の花嫁と結婚の誓いをしてしまったことで、何とか自分の世界に戻ろうとするけれど、死者の花嫁が追いかけてきちゃう。もとの花嫁のほうが新郎が失踪してしまって大騒ぎの中、別の貴族のおじさんが現れて新郎と結婚しようとする。両親がお金につられてオッケーしてしまって結婚式が迫る。

 新郎は死者の花嫁を両親をつれてくると騙して元の場所に戻って新郎に会うけど死者の花嫁が現れて新郎を連れ去ってしまう。ピアノを連弾して死者の花嫁ともいい感じなって、新郎も死者の世界でいっかという気持ちに傾く。

 死者の結婚式が開かれて死ぬためのワインを飲む直前に死者の花嫁が気持ちがわき上がって指揮をストップ。本当の花嫁に新郎を返す。そこに貴族のおじさんが花嫁を連れ去ろうとして、暴れてワインを飲んだら毒で死んじゃって死者たちに襲われる。そして死者の花嫁が昇天しておしまいという。

 冒頭の街の人たちの歌にのせての紹介が楽しくて世界観に入り込めるアニメーションでよかったです。2人の花嫁の気持ちを70分の時間で描いていて面白い1本でした。

☆☆☆

鑑賞日:2022/11/06 NETFLIX

監督ティム・バートン 
マイク・ジョンソン 
脚本ジョン・オーガスト 
キャロライン・トンプソン 
パメラ・ペトラー 
出演ジョニー・デップ 
ヘレナ・ボナム・カーター 
エミリー・ワトソン 
アルバート・フィニー 
ジョアナ・ラムリー 
リチャード・E・グラント 
クリストファー・リー 
ジェーン・ホロックス 
エン・ラテイン 
マイケル・ガウ 
タイトルとURLをコピーしました