映画【サブウェイ123 激突】感想

The Taking of Pelham 123 DVDorBlu-ray

●こんなお話

 ニューヨークの地下鉄をジャックした犯行グループとの戦いの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 犯人側の計画がずさんすぎて、イマイチのることができませんでした。それに、偶然も多くて、最後のチェイスシーンなんて。追いかけるデンゼル・ワシントンが扉を開けたら、たまたま目の前を犯人が歩いている。また見失って、周りを見回すとまた犯人が歩いていると。どんだけ、ニューヨーク狭いのだと思ってしまいました。

 そもそも犯人側の動機が一切描かれないのが、痛いです。何でこんなことしたのかがわからないので。最後にデンゼル・ワシントのとる行動なんかもわからないです。そもそも株がうんちゃらという動きも難しくてわからずらかったです。

 途中に時間まで急いで走る現金輸送車のシーンが出てきますが、勝手にクラッシュしたりするのも何ともオマヌケだなぁ~。と思ってしまいました。
 特殊部隊のスナイパーさんもネズミでオマヌケな行動をとったりと、全国の特殊部隊の人に怒られそうな情けない描かれ方で心配になりました。

 1番の問題は、デンゼル・ワシントンとジョン・トラボルタのスターせっかくの競演なのに。どちらにも感情移入できないです。2人の熱演で、何とかカッコよくっぽく映ってますが。デンゼル・ワシントンが賄賂を受け取った受け取ってないで時間をとられても観てるこっちは関係ない気持ちでした。
 トラボルタも、「金が目的じゃない!」とブチキレ。けど入金した金を確認すると高笑いをして。最後は「死は生への借金だ」?みたいな哲学的な事を語り始めたりと。一体、何がしたかったのか。
 「残り時間何分」と表示されても、大したカセにもなってないので効果があまりなかったように感じられました。

 とはいえ、トニー・スコット監督らしい。ガチャガチャした映像は、相変わらずで。カッコいい映画に仕上がってると思いました。

☆☆

鑑賞日:2011/07/31 Blu-ray

監督トニー・スコット 
脚本ブライアン・ヘルゲランド 
原作ジョン・ゴーディ 
出演ジョン・トラヴォルタ 
デンゼル・ワシントン 
ジョン・タートゥーロ 
ルイス・ガスマン 
マイケル・リスポリ 
タイトルとURLをコピーしました