映画【ソーシャル・ネットワーク】感想

Hulu

●こんなお話

 フェイスブックの創始者のザッカーバーグさんとかその仲間たちの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 めちゃくちゃ早口で喋る主人公が恋人と話していてかみ合わないなと思ってたらフラれて、その腹いせにネットで無茶苦茶したら女性陣にドン引きされるけど、意外に受けたぞってなってソーシャルネットワークを作っていく。それと同時に何やらその仲間たちと揉めていて調停みたいなことをしているシーンが交互に描かれていく。面白い導入部でツカミはバッチリでした。

 主人公の内面はこの冒頭だけで後は主人公の友人が主人公の才能を見つけて一緒に働き、更にはボートの兄弟やらすでに売れっ子の怪しげな男が出てきたりして。ザッカーバーグ争奪戦が繰り広げられていきます。最初からいた仲間はその争奪戦に脱落して追い出されていく。

 恋人との別れをきっかけに友だちを作るサイトを作って成功するけど、親友たちとも疎遠になり、結局1人ぼっちの部屋で元カノのフェイスブックに友達申請をして更新を繰り返す孤独な自分に戻って終わる男。

 けど、ボート部の兄弟のシークエンスが結構長いこと描かれますが、彼らがアイデアを盗用されたあと、ボート大会に出場してしれっと改心というか主人公に対する思いが水に流されてしまったのが正直、主人公とあんまり関係ないので退屈でした。
 映像も綺麗だし音楽の使い方もカッコよくて単調になりがちなドラマを盛り上げる要因がいっぱいあって面白かったです。
 けどこれってフェイスブックを知らない人が見たら、なんでそこまでフェイスブックが広まったのか? フェイスブックの楽しさって何なの? と作った人たちのドロドロはわかったけど、肝心のフェイスブックのことがよくわからないんじゃないかと思ってしまう映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2014/12/02 Hulu

監督デヴィッド・フィンチャー 
脚本アーロン・ソーキン 
原作ベン・メズリック 
出演ジェシー・アイゼンバーグ 
アンドリュー・ガーフィールド 
ジャスティン・ティンバーレイク 
アーミー・ハマー 
マックス・ミンゲラ 
ブレンダ・ソング 
ルーニー・マーラ 
0
タイトルとURLをコピーしました