映画【ザ・リング】感想(ネタバレ)

the-ring
スポンサーリンク

●こんなお話

 観たら7日後に死ぬというトンデモビデオを見ちゃったシングルマザーと元夫が助かろうとする話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 青白い映像がカッコよくて、ずっと雨が降っていてジメジメした感じが雰囲気を高めていてよかったです。

 冒頭にツカミの恐怖シーンがあり、主人公が事件を調べ始めて自分もビデオを見て7日のカセがセットされる。元夫と共に点を線にする作業を開始。
 サマラという少女が浮かび上がって、彼女のルーツを辿る旅。その間に主人公の息子もビデオを見てしまって……。
 この息子のエイダンくん。悪魔の子かってくらい顔色悪くてまばたきしない表情がめちゃくちゃ怖いという。彼が1番怖いです。

 ただ話の展開が、Aさんに会うヒントが出てくる。Bさんに会う次のヒントが出てくる。と全部主人公は聞き手にまわって、全部台詞であれはああだったこうだったと語るだけなので。ちょい退屈になってしまいました。
 そしてクライマックスの有名なサマラのアタック。さすがハリウッド、だいぶアグレッシブに動いてくるモンスターとなっております。オリジナルを見ちゃってたりすると、もう怖くなくなってしまうのが残念なのが問題でした。

 とはいえ、死のビデオテープを巡る話で面白かったです。

☆☆☆

鑑賞日:2013/09/30 Blu-ray

監督ゴア・ヴァービンスキー 
脚本アーレン・クルーガー 
原作鈴木光司 
出演ナオミ・ワッツ 
マーティン・ヘンダーソン 
デイヴィッド・ドーフマン 
ブライアン・コックス 
アンバー・タンブリン 
レイチェル・ベラ
タイトルとURLをコピーしました