映画【地球防衛軍】感想

The Mysterians! Netflix

●こんなお話

 いきなり日本の富士山麓の3キロを占拠してきた異星人との戦いの話。

●感想

 序盤に出てくる巨大ロボットのモゲラがどーんと出てきて村を襲撃して、それを撃退する自衛隊の戦いから特撮と自衛隊の兵器の見せ場があって面白いスタートでした。 

 その後、何やら異星人が勝手に3キロの土地にドームを作っていてミステリアンと名乗って平和的にこの土地だけ貸してほしいと訴えてきて、さらには女性5人を献上するように要求してくる。このミステリアンの衣装が戦隊ものみたいな衣装なのがずっこけてしまいますが、そのズッコケ具合が面白いです。

 そこから日本の科学者が世界に日本だけの問題だけではなく、地球の問題とアメリカとソ連の協力を得て挑んでいくALL人類としての展開が熱くて、そこからいろんな新兵器を開発して挑んでいく。ミステリアン側に地球の科学者も科学力が違いすぎるから彼らの言うとおりにするしかないと協力しちゃったり。

 通常兵器が効かないとなって、新兵器をいいタイミングで開発してミステリアンの攻撃を跳ね返すというので挑むクライマックス。そして簡単にミステリアンのドームに忍び込んで拉致された女性たちを救出しちゃって結構警備が緩いミステリアンの本拠地でした。内部でレーザー銃を撃ったらどんどん崩壊していくのとかもすごかったです。モゲラも地中を掘ってあとちょっとのところで埋もれちゃうのとか残念でした。

 最後に科学の力を過信してはいけない的なメッセージも挿入されて面白い特撮映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2021/03/14 NETFLIX

監督本多猪四郎 
特技監督円谷英二 
脚色香山滋 
木村武 
原作丘美丈二郎 
出演佐原健二 
平田昭彦 
白川由美 
河内桃子 
三條利喜江 
志村喬 
村上冬樹 
今泉廉 
中村哲 
生方壮児 
佐田豊 
草間璋夫 
大友伴 
緒方燐作 
山田巳之助 
藤田進 
熊谷二良 
三原秀夫 
伊藤久哉 
中丸忠雄 
小杉義男 
大川平八郎 
加藤春哉 
土屋嘉男 
0
タイトルとURLをコピーしました