映画【草原の椅子】感想

sougennoisu DVDorBD

●こんなお話

 シングルファーザーの50歳の男、仕事にも疲れたり娘との関係があんまりうまくいってなかったけど。突然、4歳の子どもを預かることになり、子育てに苦労したり恋にときめいたり友情を再確認したりという話。

●感想

 登場人物たちそれぞれ丁寧に描かれ、かっちりかっちりと作られ、時に笑いも交えつつ展開していく好感のもてる140分でした。 

 主人公の佐藤浩市さんは自ら不倫して離婚してしまったことを反省し、「間違っていた」と今でも間違っていると思っています。
 吉瀬美智子さん演じる女性は結婚してたけど不妊症で姑と上手くいかず離婚してしまう。今までずっと否定されてきた人生で出会った主人公と惹かれあうの何となく想いが伝わるのもわかるものでした。
 西村雅彦さん演じる親友は、自らの経営するお店で社員をリストラしたらその男が自殺してしまう。自らを「人殺しや」と責めています。

 そんな登場人物たちがパキスタンのフンザにいる瞳の中の星を見てくれるというおじいさんに会いにいく。
 少年も3人の大人たちもそれぞれが今までの生き方に自信がなかったけれど、おじいさんの言葉によって新たな希望となる。

 そしてタイトルになっている草原の椅子。身体障害者の方が快適に座れるように作られた椅子。写真の中では草原の中に置かれた椅子だと思ってましたが、実は親友の実家の草むらに置かれた椅子。
 親友は「こんな小さい草っぱらでも、広い草原に感じる。人の生き方を表しているようや。今撮ったのは誰々の人生っていうようにな。それぞれの心に草原があるんやね」という台詞。
 この草原の椅子がそれぞれ登場人物たちの生き方を現れているものだと思いました。

 椅子に座るヒロインと少年。その姿を見る主人公。主人公には広い草原がなくても椅子に座る2人の姿を見て未来を見つけることができたのだなぁと思える展開でよかったです。
 視点を変えるだけで、人それぞれに草原の椅子があるんだ、ということ。

 そして、何といってもこの映画で強烈なインパクトを残すが、少年の母親である小池栄子さん演じる女性で。少年に暴力をふるっていたので離されることになったけど「震災で絆の大切を知りました。震災で亡くなった子どものかわりに自分の子ども育てます」という無茶苦茶なことを話し、けれどしばらくしたら「事情が変わった。私が育てなくても大丈夫」と育児放棄します。この時の佐藤浩市さんとのバトルが物凄くいことになっていて笑ってしまいました。

☆☆☆☆

鑑賞日:2013/08/07 DVD

監督成島出 
脚本加藤正人 
奥寺佐渡子 
真辺克彦 
多和田久美 
成島出 
原作宮本輝
出演佐藤浩市 
西村雅彦 
吉瀬美智子 
小池栄子 
貞光奏風 
AKIRA 
黒木華 
中村靖日 
若村麻由美 
井川比佐志 
0
タイトルとURLをコピーしました