映画【G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ】感想

Snake Eyes G.I. Joe Origins☆☆
スポンサーリンク

●こんなお話

 日本を守る忍者軍団に入って訓練したりヤクザから親を殺した犯人を捜してもらったりする話。

●感想

 こういうアクション映画で盛り上がりどころ、見せ場であるはずのアクションシーンを期待して見ましたが冒頭の主人公が地下格闘技の戦いやヤクザから逃げるアクションとかカチャカチャ編集に寄りのカメラと見づらいことこの上なく、ツカミのアクションが失敗しているスタートでした。

 主人公は幼少期にお父さんが何かに怯えて主人公を隠したら、案の定悪い人に襲撃されて殺される。主人公は難を逃れて20年後に地下格闘技で頑張っているところにヤクザがスカウトに来て武器密輸の仕事をするけれど。そこである人を助けてヤクザから追いかけれて、助けた人間が忍者軍団の頭目の息子さんで東京へ行く。600年間日本を守るために暗躍してた嵐影なる忍者軍団にスカウトされる。そこで3つの試練を受けて正式入門するかどうか決められることに。一方、主人公は実はヤクザとも繋がっていて、忍者軍団の秘宝を盗み出すことを依頼されていてその代わりに父親殺しの下手人を引き渡す条件。

 忍者軍団の試練を乗り越える新兵ものと潜入捜査ものが並行して展開していきます。この忍者軍団の入門の試練というのがアクションで乗り越えるというものではなく、一休さんのとんちのようなことで突破したり。2つめの訓練とかは「スターウォーズ帝国の逆襲」で惑星ダコバでルークが見た幻覚のようなトレーニングでしかも成功したのか失敗したのかわかりにくかったり。3つめの大蛇のくだりもピュアな心でうんぬんとか、すべて主人公が精神を変化させて乗り越えていくものでなかなか何が起こっているのか飲み込みにくい試練でした。

 一方、潜入捜査もののハラハラドキドキはあまりなく。むしろ忍者軍団の警備体制がゆるゆるで主人公は夜な夜なバイクで忍者軍団の里から東京まですぐにたどり着いちゃいます。しかも主人公は復讐のためというのが行動の動機なので、カタキ役たちに最後の方まで協力してしかもクライマックスは主人公が忍者軍団の秘宝を盗んでそれをカタキ役に普通に渡しちゃって、それが原因でカタキ役がスーパーパワーを手に入れて忍者軍団の里を襲撃しちゃう。名もなき忍者さんたちが犠牲になっていましたが、全部主人公のせい。

 コブラという悪い組織やジョーという正義の味方のキャラクターも出てきますが、それほど立っていなくてカットしても全く問題ないのではないかという魅力がないキャラクターでした。

 主人公のせいで忍者軍団がピンチになったので、かつての友たちが追いかけてきて戦いますが。「忍者の里が危ない」と主人公に言われるとすぐに共闘したりする。ここらへんの気持ちの流れとか急展開過ぎて、どうでもよくなっていくキャラクターのついたり離れたりでした。

 石田えりさんが1番魅力的で、石田えりさんが出てくるところだけ楽しかったです。そしてエピローグでジョー組織の人間が「実はお父さんは…だったの」と主人公の父親のことを話していましたが、父親が殺されたとわかったときに子どもの主人公を手助けしてあげればよかったのではないかと考え込んでしまう映画でした。

☆☆

鑑賞日:2021/10/25 TOHOシネマズ日比谷

監督ロベルト・シュヴェンケ 
アクション監督谷垣健治 
脚本エヴァン・スピリオトポウロス 
ジョー・シュラプネル 
アナ・ウォーターハウス 
原案エヴァン・スピリオトポウロス 
出演ヘンリー・ゴールディング 
安部春香 
アンドリュー・小路 
ウルスラ・コルベロ 
平岳大 
イコ・ウワイス 
タイトルとURLをコピーしました