映画【沈黙-サイレンス-】感想

DVDorBD

●こんなお話

 キリスト教が弾圧されてる日本で行方不明になった師匠を追いかけて日本にやってきた神父さんの地獄めぐりの話。 

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 外国のスタッフさんが異文化を描くとたいてい失敗するのが当たり前だと思っていましたが、普通に本格時代劇として違和感なく見ることができました。それだけでも凄いと思います。そして、冒頭からキリスト教徒に対する拷問が描かれて見るのが辛い160分でした。 

 当時の人々がいかに辛い日常を送っていたのかを主人公の目を通して体験体感させて、何でそこまでして人間を拷問できるのだろう。やられる方は棄教せずに拷問に耐えることができるのだろうか。またすぐに裏切って、また罪を告白して苦悩してという様々な人間がでできて、本気で人間って何なんだろう。何でこんなことしているのだろうと辛い映画で退屈せずに見ることができました。 

 主人公がお奉行様や師匠から日本にキリスト教が根付かない理由を語られますが、「おてんとうさまが見ている」となんとなく思いながら見ている、特に宗教を信奉していない日本人のボクからしたら彼らの方が正論に感じました。 

 ただハリウッド映画だからか仕方ないので突っ込むのは野暮だとは思いますが、登場人物全員が英語しゃべりだしたりしてしかも劇中ではポルトガル語として描かれているらしいので、そこらへんで入り込めない部分もありました。お百姓さんから門番からみんな英語ぺらぺらでした。それに主人公の創造か妄想かキリストらしき声が語りかけてきて、全然沈黙ではなかったです。それに主人公が最後に決断する理由も人を救うため。という理由が安直すぎるのではないかと思いました。しかも本当は信仰を捨てていないみたいなエピローグもキリスト教圏から見た描かれ方だから仕方ないのかと感じる描き方でした。人のために犠牲として棄教するのかしないのかではなく、本当に心が砕けてしまうほど追い詰められた人間の苦悩を見てみたかったです。 

 にしても日本を舞台にした映画なのに日本で撮影できないのが悲しい作品でもありました。 

☆☆☆

鑑賞日: 2017/01/26 TOHOシネマズ川崎 2019/12/17 NETFLIX

監督マーティン・スコセッシ 
脚本ジェイ・コックス 
マーティン・スコセッシ 
原作遠藤周作
出演アンドリュー・ガーフィールド 
リーアム・ニーソン 
アダム・ドライバー 
キーラン・ハインズ 
窪塚洋介 
浅野忠信 
イッセー尾形 
塚本晋也 
小松菜奈 


0

コメント

タイトルとURLをコピーしました