映画【シークレット・ミッション】感想

DVDorBD

●こんなお話

 北朝鮮の凄腕スパイが韓国の田舎町で潜入任務に就くけど、その任務が馬鹿馬鹿しくてやっていられないと嘆いてたらある命令が下って戸惑う話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 前半は周囲を欺くためにバカをするというコメディ展開が続いていきます。ミュージシャンでオーディションに受かるというミッションを受けた仲間がいたり、更には最年少の工作員もやってきてイケメン3人で近所の人たちと過ごす日々。
 このイケメンたちのやりとりが完全にBL的な展開になって、その雰囲気に戸惑いました。その間に北朝鮮の上層部やら韓国の諜報部やらの動きがあって、主人公たちに命令が下って。

 アクションシーンはさすがの韓国映画で近接戦闘の迫力たるや凄かったです。銃撃戦やカーチェイスも盛りだくさんでした。ただちょっと長すぎて、後半はしだいに飽きていきました。
 前半のくだらない命令と後半のハードな展開があまりに違いすぎて、前半のありえない命令が何でそこまでしたのかわからないし、そもそも主人公が「母親のため」という行動の動機で動きますが、工作員として活動した時点でどうなるのかわかるのではなかろうかと思いながら見てました。 
 ある人物の正体がわかるというどんでん返しも果たして必要だったのか謎でした。北朝鮮の工作員の上官との対立だけに絞ってもよかったのではないかなと個人的には思いました。韓国の諜報部員も何故かやたらと熱く主人公たちを救おうとする動機も見ててわからなかったです。

 ちょっとこの内容で120分は長いかな? と思わなくはないですが、楽しんで見られる映画でした。

☆☆☆

鑑賞日: 2015/03/15 DVD

監督チャン・チョルス 
脚本ユン・ホンギ 
キム・パンヒョン 
原作チェ・ジョンフン 
出演キム・スヒョン 
パク・ギウン 
イ・ヒョヌ 
コ・チャンソク 
キム・ソンギュン 
0
タイトルとURLをコピーしました