ドラマ【最高の離婚】感想

☆☆☆☆☆

●こんなお話

 結婚離婚でもめる夫婦たちの話。

●感想

 坂元裕二さんシナリオの4人の主人公たちの会話の掛け合いが面白く、テンポのよさでグイグイと引っ張ってくれるドラマでした。さっきまで喧嘩していたのに気づいたら自分の本音を爆発させ問題を提示して、それに対する他のキャラクターたちのリアクション。自然に台詞が出てきているようかに見せる役者さんスタッフさんたちの技術が素晴らしかったです。

 全てに細かくああいえばこういう旦那さんとがさつな奥さん。311で結ばれた2人は価値観が合わず1話で離婚して、そこから何を学ぶのか?
 11話が終わるときには、隣に人がいてくれる暖かさ、話ができる幸せ、愚痴れる幸せ。そして人間はなかなか変わることはできないんだけど、変わろうとすることが大切なんだと見ていて教えてくれました。

 ただ、もう一方の夫婦の描き方が最終話で、ちょっと中途半端な感じで終わってしまったのが残念でした。結局、真木よう子さんは何を喋ってるのか? よくわからないことを話してうやむやにされてしまっているようでした。聞いてると確かに正しいことを言ってるとは思いますが、自分自身に問いかけてみろ。と思ってしまいます。

 とはいえ、11話すべて楽しめましたし。この主人公たちがどう成長するのか続きが気になるドラマでした。 

☆☆☆☆☆

鑑賞日:2013/02/10 フジテレビ

監督

並木道子

宮本理江子

脚本

坂元裕二

出演者

瑛太

尾野真千子

綾野剛

真木よう子

八千草薫

市川実和子

松尾諭

小野ゆり子

芹那

宮地雅子

0
タイトルとURLをコピーしました