映画【プレデター2】感想

Predator 2Disney+
スポンサーリンク

●こんなお話

 近未来の真夏のロサンゼルスでプレデターがやってきて刑事さんと戦う話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 1997年が近未来の世界でめちゃくちゃ治安が悪いロサンゼルス。コロンビアとジャマイカのギャングが敵対していて、警官隊とコロンビアの犯罪組織がいきなり銃撃戦をしているところから始まります。主人公の荒くれ刑事さんが突入するけれど、犯罪者たちが殺されていて天上に真っ裸で吊るされていて、誰がやったんだろう? という。

 主人公は相棒と現場に行こうと約束して「先に行くなよ」と言う主人公。案の定、相棒は先に1人で現場に行って謎の物体を見つけるけど、透明の怪物に襲われて死亡。怒りの主人公は上司の言うこと聞かずに何やら暗躍しているFBIにキレたりしつつ、ジャマイカのギャングのボスに話をつけたりするけれど。そのジャマイカのボスも遠回りなことを話したり、いまいち要領を得ず、しかもこの人も殺害されちゃったり。FBIチームも独自にエイリアンの調査をしていて、弱点を発見して生け捕りにしようとするけれど、これまた案の定あっという間に敗北。そして主人公と一騎打ちという。

 プレデターのキャラクターが掘り下げられていて、戦士としての誇りがあって武器を持っているものを殺害するらしいとか、妊娠している人は襲わないとか、強い相手をリスペクトするとか、牛肉が好きとかわかってきます。そして、プレデターの武器も多彩で、いろんな武器が登場したりするのも楽しく、自分で治療というのも出てきて面白いです。

 確かに、前作はシュワルツネッガーでも苦戦していたのに。今作ではダニー・グローバーが一騎打ちをして勝てちゃうとか、プレデターに油断があったのかな? というもので、もう少し勝った負けたのロジックがほしかったです。

 とはいえ、都会の光景の中にプレデターが駆けていくヴィジュアルが楽しい映画でした。

☆☆☆☆

鑑賞日:2010/02/15 Blu-ray 2021/10/28 Disney+

監督スティーヴン・ホプキンス 
脚本ジム・トーマス 
ジョン・トーマス 
出演ダニー・グローヴァー 
ゲイリー・ビジー 
ルーベン・ブラデス 
マリア・コンチータ・アロンゾ 
ビル・パクストン 
ロバート・ダヴィ 
ケント・マッコード 
ケヴィン・ピーター・ホール 
タイトルとURLをコピーしました