映画【PとJK】感想

ptojk Netflix

●こんなお話

 PとJKの夫婦の話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 土屋太鳳さんが16歳だけど22歳のふりをして合コンパーティーに行って、そこで亀梨和也さんと出会っていい感じになるけれど。土屋太鳳さんが未成年だと知って途端に態度が一変する亀梨和也さんがめちゃくちゃ怖いです。

 その後、不良たちとの喧嘩きっかけに警官のほうから「結婚しよう」と突然の告白があって両親を説得して結婚。とジェットコースタームービーとしての怒涛の展開がついていくのに必死の映画でした。そこから女子高生と警察官という関係から周囲の無理解や差別などを乗り越えていくのかと思いきや、そういうこともなく。普通に周囲に婚姻関係を隠してるだけで設定の面白さみたいなものはあまりなく、高校生の不良が仲間たちと文化祭の準備をして仲良くなっていくけれど、母親の交際相手のDVだったり不良仲間が襲撃してきて、そこでヒロインがピンチになったりと。主人公とあまり関係のないところでトラブルが発生して巻き込まれていくところに展開があるので、特に未成年との結婚の面白さを感じることができなかったです。

 函館の街って綺麗だなと風景がよかったですが、それは単純にご当地の風景頼みの演出なのではなかろうかと勘繰ってしまいました。

 土屋太鳳さんと亀梨和也さんを愛でるだけで満足かもしれないですが、それだけではちょっと悲しい映画でした。

☆☆

鑑賞日:2021/05/24 NETFLIX

監督廣木隆一 
脚本吉川菜美 
原作三次マキ
出演亀梨和也 
土屋太鳳 
高杉真宙 
玉城ティナ 
西畑大吾(関西ジャニーズJr.)
江口のりこ 
川瀬陽太 
河井青葉 
古谷佳也 
高橋メアリージュン 
瀬戸利樹 
小林優斗 
松永拓野 
松本大志 
村上淳 
ともさかりえ 
大政絢 
田口トモロヲ 
0
タイトルとURLをコピーしました