映画【実録外伝 大阪電撃作戦】感想

oosakadengeki WOWOW

●こんなお話

 狂犬みたいなチンピラ集団と大組織のヤクザとの抗争の話。

●感想

 主人公や仲間たちはヤクザの偉い人たちではなく、実働部隊として動き回っていくけれど神戸の大組織を相手にすることになり、自分の親分たちは謝罪をしようと動き回るけど。主人公たちは暴れまわって追い込まれていくという。

 カメラが縦横無尽に動き回って、大勢の役者さんが画面いっぱいにいて実録路線ものの王道を行く熱量のある映画でした。

 松方弘樹さんと渡瀬恒彦さんがボクシング場でトラブルになってもみ合うけれど、お互い共通の敵をしとめるために挙動戦線を張って同じ女性を…とバディものとなっていく展開も楽しかったです。主人公たちは実力行使に訴えるけれど、親分たちは情けなくて笑えます。室田日出男さんがいろんなツテを頼って謝罪しようとするけれど拒否される悲壮感たらなかったです。主人公たちの親分がみんな在日の名前というのもマイノリティの世界を垣間見えるものでした。

 もうやけになったのかどんちゃん騒ぎをするときの渡瀬恒彦さんはボリボリと盃を食べ、松方弘樹さんは女性の足に這いずり回ってのトランス状態のシーンが頭に残る映画でした。そして車にしがみついて引きづられる渡瀬恒彦さんや松方弘樹さんを狙う面々を振り切ってバンバン車をぶつけるシーンとか印象に残る場面も多かったです。

 そして全面降伏って幹部全員で指を詰めるんだと勉強になる作品でした。

☆☆☆

鑑賞日:2021/03/11 WOWOW

監督中島貞夫 
脚本高田宏治 
出演室田日出男 
大前均 
松方弘樹 
石橋蓮司 
志賀勝 
岩尾正隆 
野口貴史 
川谷拓三 
小林稔侍 
松本泰郎 
成瀬正 
片桐竜次 
丹波哲郎 
小林旭 
西田良 
名和宏 
伊吹吾郎 
有川正治 
成田三樹夫 
目黒祐樹 
タイトルとURLをコピーしました