映画【日本のいちばん長い夏】感想

nagainatu DVDorBD

●こんなお話

 戦争経験者の座談会の話。

●感想

 昭和38年にあった座談会をテレビ演出家が再現するというものですが、その演出かも俳優さんがやっている再現なのでやたらややこしい設定です。

 しかも演じているのが俳優ではなく、弁護士、ジャーナリスト、アニメ監督、落語家、アナウンサーとか文化人がやっているので。台詞の間とかが変になっていて、やきもき心配してしまう部分もありました。

 とはいっても内容は「御前会議」「沖縄戦争」「ポツダム宣言」など。ドキュメンタリー映像を交えて、政府の中枢にいた人たちから最前線にいた兵隊までの当時のいろんな考えが知れて面白かったです。

 ソ連を仲介にして和平交渉をするという政府の方向でしたが、政府の中枢にいた人たちのほとんどの人たちが「ソ連を仲介にして和平なんて無理だ」と思いながらも突き進む政治。ポツダム宣言を無視する形になって、それがなかったら原爆が落ちなかったのではないか。
 そして、終戦当時にはどこか外野から物を見ている政府の人たち。けれど前線の兵隊さんたちは餓死や熱病にやられて死んでいく悲惨さを語ったり。

 座談会の合間に、それぞれの人物を演じた文化人たちが終戦のときの思い出を語る映像があったり。

 終戦当時の空気を少しは、知ることができましたが。ちょっと淡々としていて退屈してしまうような気がしました。

☆☆☆

鑑賞日:2011年12月29 DVD

監督倉内均 
脚本倉内均 
原作半藤一利
出演木場勝己 
池内万作 
キムラ緑子 
湯浅卓 
中村伊知哉 
青島健太 
小田豊 
山本清 
早川純一 
林望 
富野由悠季 
重松収 
鳥越俊太郎 
立川らく朝 
島田雅彦 
田原総一朗 
瀬川菊之丞 
市川森一 
松永英晃 
山本益博 
江川達也 
武藤兼治 
デイヴィッド・ディヒーリ 
柚原旬 
加納竜 
松平定知 
0
タイトルとURLをコピーしました