映画【ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル】感想(ネタバレ)

mission-impossible-ghost-protocol
スポンサーリンク

●こんなお話

 味方からテロ事件の容疑者とされてしまって頑張るトム・クルーズたちの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 オープニングからビル飛び降りのアクションやコンタクトレンズのカメラなど、スパイ映画ならではのアイテムが出てきて。そのアイデアが面白いです。

 そして何故かロシアの刑務所にいる主人公イーサン・ハントの脱出に始まり。チームでクレムリンへ潜入してある資料を盗み出すミッションを行うけど、案の定、濡れ衣を着せられて。ロシアの過激な科学者が核戦争を起こそうとしているのを止める。というやっと本題に入ります。ここまでのプロローグも、見せ場になっていて面白く見ることができました。

 見終わって更によかったのは、オープニングのあるスパイの死やロシアの刑務所や新メンバーの分析官などがみんな伏線になっていて。後半に上手いことドラマとして効果を高めているのがよかったです。

 そしてやっと本題に入って、ドバイでの高層ビルでのクライミングやカーチェイスなどいちいち見せ場が凄かったです。そして合間には笑いがセットになっているのもよかったです。

 が……。ボクの理解力が少ないせいか、登場人物が多すぎて。特にカタキ役の顔や目的を覚えないままミッションを行ってしまっているので。どうして、この人物とこの人物が殴り合っているだっけ? と置いてけぼりになりました。
 それにカタキ役である科学者も地味で、誰が誰だかわかりませんでした。カタキ役の組織の規模とかもわからず。誰と戦っているのかが、わかりずらかったです。ロシアの秘密諜報員みたいなのも主人公達を追いかけてきますが、ただ邪魔するだけのキャラクターなので果たして必要だったのか。科学者のわりに、立体駐車場での格闘でめちゃ強いのは凄かったです。

☆☆☆☆

鑑賞日:2012/09/14 Blu-ray 2018/06/30 Amazonプライム・ビデオ

監督ブラッド・バード 
脚本ジョシュ・アッペルバウム 
アンドレ・ネメック 
クリストファー・マッカリー 
原作ブルース・ゲラー 
製作J・J・エイブラムス 
出演トム・クルーズ 
ジェレミー・レナー 
ポーラ・パットン 
サイモン・ペッグ 
ジョシュ・ホロウェイ 
ヴィング・レイムス 
レア・セドゥー 
トム・ウィルキンソン 
ミカエル・ニクヴィスト 
ウラジミール・マシコフ 
タイトルとURLをコピーしました