映画【ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒】感想

DVDorBlu-ray

●こんなお藩士

 会員制の貴族クラブに入りたい探検家と親類を探したいビックフッドがヒマラヤの奥地を目指す話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 ストップモーションアニメを見るだけで幸せな気持ちになれて、しかもCGもプラスしているのかなめらかなキャラクターや背景に圧倒される90分でした。

 冒頭でいきなりネッシー的な未確認生物の写真を撮ろうと召使を食べられそうになっても写真を優先の人でなし的な人間として描かれて、彼の目的は貴族クラブに入会したいために今度はビックフッドを探しに行く。そして簡単にビックフッドを見つけたと思ったら、彼の親類を探してほしいとビックフッドから頼まれてインド目指して旅をするという。そこに貴族クラブの妨害があったりして。

 次から次にキャラクターがテンポよく見せていって未確認生物を捜す旅に出るアドベンチャーとして面白いです。

 ただなぜビックフッドたちが英語を理解し喋るのかとかヒロインは何でミスターリンクを見ても特に何の説明もなく受け入れて冒険をしようとするのかとかカタキ役たちの妨害も適度に邪魔して適度に突破されるだけで揺れる船内での攻防とかもアクションとしての面白さを感じられないものでした。クライマックスの氷の橋でのやりとりもカタキ役の自滅に近いように思えました。ただ、その後の落ちるか落ちないかのサスペンスは手に汗握ってハラハラドキドキできてよかったです。

 主人公が成長して真の友人を手に入れる成長者として面白い映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2021/05/16 DVD

監督クリス・バトラー 
脚本クリス・バトラー 
出演(声)ヒュー・ジャックマン 
ゾーイ・サルダナ 
ザック・ガリフィアナキス 
エマ・トンプソン 
スティーヴン・フライ 
ティモシー・オリファント 
マット・ルーカス 
アムリタ・アチャリア 
デヴィッド・ウォリアムス 
チング・ヴァルデス=アラン 
タイトルとURLをコピーしました