映画【メン・イン・ブラック:インターナショナル】感想

SF

●こんなお話

 新人エージェントと先輩エージェントがMIBに内通者がいるぞと疑いながら惑星破壊できる超兵器を巡って宇宙人と大騒ぎの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 子どものころにMIBと宇宙人を目の当たりにして、自らMIBに押しかけてエージェントとなり先輩と一緒に事件に挑んで行くという。

 主人公たちが扱う武器の数々や車のギミックはシリーズ通して面白いポイントの1つで今作では車のデザインとかはかっこよかったです。カタキ役として出てくる双子の宇宙人の弾丸をかわす姿とかも激しくて見所の1つでした。

 ただ新しい主人公たちとしての仕切り直し的な1作としては2019年に公開される作品としてはチト寂しくて、主人公の魅力とかストーリーの新鮮さは一切なくて、今の時代にしては新鮮さとかはほとんどなくて、退屈に感じるところが多い作品でした。

 MIBにスパイがいるとなりますが、主人公2人と主人公たちを疑う同僚と主人公たちをかばう上司の4人しかいないため。内通者は誰だ? 的な面白さ、ハラハラドキドキは一切なくてスパイが「実は自分がスパイだった」というのがわかっても、そうでしょうね的な展開でしかなく面白さもないし。超兵器を巡っての武器商人の戦いとかもゆるい展開が続いて緊張感も大してないし、それでいて笑えるかというのも微妙のため。終始微妙な空気が覆う映画でした。

 バディものとしての主人公同士の軽口たたき合いや刑事ものとしての捜査の面白さ、SFやアクションものとしての盛り上がり。全部が古臭さを感じてしまう作品でした。

 これだったらMIBの1作目とかを見ればそれでいいのではないかと考えてしまう1作でした。

☆☆

鑑賞日:2019/07/05 TOHOシネマズ川崎 2020/03/21 WOWOW

監督F・ゲイリー・グレイ 
脚本マット・ホロウェイ 
アート・マーカム 
出演クリス・ヘムズワース 
テッサ・トンプソン 
リーアム・ニーソン 
エマ・トンプソン 
レベッカ・ファーガソン 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました